メイン

ニュース アーカイブ

2008年12月04日

冬季企画展「甲府市内の出土品~私の町にもこんな遺跡~」開催のお知らせ

考古博物館では、例年春と夏の2回企画展を開催していますが、今年度は3回目の企画展を開催します!!冬季企画展は1ヶ月という短い期間ですので、行きそびれがないよう今から予定をチェックしてくださいませ(現在、職員はこの企画展の準備中です)。

冬季企画展「甲府市内の出土品~私の町にもこんな遺跡~

20081204-7.jpg
開催期間:平成20年12月13日(土)から平成21年1月12日(月)まで
会場:考古博物館特別展示室
観覧料:無料
年末年始(12月29日から1月1日)は休館となりますので、来館される際にはご注意ください。

甲府市教育委員会(共催)が長年発掘調査した成果を考古博物館で展示します。

☆展示予定☆
相川以西地域の遺跡(米草遺跡(縄文時代)、塩部遺跡(弥生~古墳)、榎木遺跡(奈良~中世))、武田氏館跡と武田城下町、甲府城跡と甲府城下町、横根・桜井積石塚古墳群、上土器(かみどき)遺跡と周辺の遺跡、濁川・荒井流域の遺跡、旧中道町地域の出土品を展示する予定です。

この展示が、甲府市にお住まいの方はもちろん、その他の市町村にお住まいの方にも甲府の歴史を再発見する機会になればと思っております。
12月になり寒さも増して、外へ出るのも遠慮がちになってしまうかもしれませんが、そんな寒さに負けず、考古博物館へおいでくださいませ。

*もう少し詳しい内容は考古博物館ホームページをご覧ください。→こちら

2008年12月14日

新年は考古博物館へ♪古代のもちつきを1月3・4日に開催します。

恒例となりました、新年のイベント古代のもちつき。
今年度は新年1月3日(土曜日)、4日(日曜日)の2日間開催します。
今年は黒米、雑穀(キビ?)、トチを混ぜたお餅を臼と竪杵でつきます。

20081214-1.jpg


3日 午前:もち米+黒米、午後:もち+雑穀
4日 午前:もち米+黒米、午後 もち米+トチ

20081214-2.jpg

(竪杵は弥生時代の遺跡、南アルプス市油田遺跡から出土しています)。
一臼のもち米は1.2kg、そしてそれぞれを混ぜるので、1回につき2kg近くのお餅をつく予定です。
新年早々ですが、初詣や初売り行った後にでも考古博物館へお立ち寄りください。

*協力員の皆様へ
後日当日のご協力のお願いの文書は送付いたします。
よろしくお願い申し上げます。

2009年01月28日

縄文王国がやってきた!長坂郷土資料館で縄文チャレンジ!を開催します。

20090128-1.jpg

今年度も数々の場所に出没した縄文王国山梨。
今度は、北杜市の長坂郷土資料館でイベントを開催します。
もちろん、考古博物館の職員もスタッフとして参加します。

*縄文王国山梨の情報はこちらのブログをご覧ください。


20090128-2.jpg

開催日時:平成21年1月31日(土) 午前10時~午後2時

会場:北杜市長坂郷土資料館(清春ふるさと学習館)

住所:山梨県北杜市長坂町中丸1996 電話:0551-32-6498

普段ではできない、石器づくりや弓矢体験、火起こしなどいろいろな縄文体験ができますよ!!
どんな中身になるのか…縄文鍋もお楽しみに。
子どもから一般の方までどなたでも大歓迎。
参加は無料です。
ご家族、ご友人お誘い合わせの上お越しください。

2009年02月03日

平成21・22年度に考古博物館で協力員(ボランティア)をしてみませんか?

 今、県立考古博物館では、博物館で開催する事業の補助や協力会ミュージアムショップ運営をお手伝いいただく協力員を募集しています。
 考古博物館で山梨の考古学に浸りながら協力員をしてみませんか?
 
●募集期間 平成21年2月1日(日)~3月10日(火)

●条 件
・ 考古学や博物館活動に興味、関心と理解がある方
・ 山梨県内にお住まいの方で年齢20歳以上の方
・ 月1回程度(特別展開催期間中は3、4回)考古博物館に来られる方

● お手伝いいただくこと
・ 考古博物館が主催する各種講座、講演会の受付、連絡係
・ 特別展開催時の館内巡回、受付の補助
・ 協力会ミュージアムショップでの販売
・ 展示や古墳の解説(希望者及び研修あり)など
※協力員委嘱後に「考古博物館協力会」に加入いただきます。(年会費1000円)

● 委嘱期間 平成21年4月1日~平成23年3月31日

● 特 典  
・ 考古博物館の常設展、特別展を無料で観覧できます。
  ・ 協力会が主催する研修旅行に参加できます。
  ・ 考古博物館が発行する書籍、協力会オリジナルグッズの割引購入ができます。
  ・ 考古博物館が開催する各種イベントに優先的に申し込みができます。
    
● 応募方法 
応募用紙に必要事項を記入の上、考古博物館協力会事務局まで郵送にてお申し込みください。
 考古博物館受付まで直接お持ちいただいても結構です。
 応募用紙を提出していただいた後に、3月14日(土)・25日(日)午前10時~11時に考古博物館で開催する説明会のいずれかの日に出席いただき、詳細な活動状況をご理解いただいた上で、最終的に応募いただ きます。

● お申し込み・お問い合わせ先
 県立考古博物館協力会事務局(県立考古博物館内)
 〒400-1508 甲府市下曽根町923 電話 055-266-3881(月曜休館)

考古博物館のホームページでは応募用紙なども掲載しています。

*現在、協力員さんの方は、継続をよろしくお願い申し上げます。

2009年02月27日

広報こうふ3月号に考古博物館所蔵の「相川出土のナウマンゾウの臼歯」が紹介されました!

広報こうふ3月号No.638の24ページ「かめじぃのこうふのツボ」に当館所蔵の甲府市の相川でみつかったナウマンゾウの臼歯(化石)が紹介されました。

20090227-1.jpg

「甲府にもナウマンゾウがいた!」という題です。

甲府市ホームページ 広報こうふ3月
20090227-2.jpg
http://www.city.kofu.yamanashi.jp/contents/content/view/6597/81/
上のページで見ることができます。

このナウマンゾウの臼歯は昭和59年に相川(甲府市緑が丘)で発見されたものです。

20090227-3.jpg

20090227-4.jpg

これを機に常設展示室の1番始めに展示していた山梨市の兄川でみつかったナウマンゾウの臼歯の複製品をこの相川から出土したものに展示替えし、この相川のナウマンゾウの臼歯の実物をみることができるようにしました!!

20090227-5.jpg

それから、ご存じの方も多いかと思いますが、ナウマンゾウの復元像が考古博物館前広場にあります(よくマンモスと間違えられますが…ナウマンゾウです)。学校の団体さんが来たりすると集合写真をこの像をバックによく撮影しています。
臼歯だけではどんな動物だったのかな???ですが、この像を併せてみてもらえればどんな動物だったかイメージが湧くはずです。

3日間の臨時休館が明け、今日からまた通常通り開館しております。この珍しいナウマンゾウの臼歯をみなさん見に来てください。

終わりになりましたが、このテーマを今回取り上げてくださった、甲府市の市長室広報係の方に感謝いたします。

2010年07月13日

今年も縄文王国山梨ではスタンプラリーを開催します!!

20100712-1.jpg

「今年も縄文王国山梨のスタンプラリーするの?」「今年のスタンプラリーはいつから?」と縄文王国山梨スタンプラリーを待っていた皆様お待たせしました。
今年は7月17日(土)から12月26日(日)まで開催します!

■縄文王国山梨とは?

縄文王国8館をまわって、スタンプを集めて応募すると素敵なミニチュア土器を50名の方にプレゼント!!

4館目ではお楽しみのプレゼントが♪
各館違うものをプレゼントします!
考古博物館もただいまプレゼント考え中☆

20100712-2.jpg

今年のスタンプ台紙はかわいいピンク色(*^_^*)
スタンプ台紙は各館にありますので、お気軽にお申し出ください。

★縄文王国山梨スタンプラリーの詳しい内容はこちらをご覧ください。

2010年10月13日

10月17日(日)に「秋のふれあい祭り」を開催します♪

考古博物館のある風土記の丘曽根丘陵公園は、山梨県曽根丘陵公園として指定管理者の「富士観光開発・富士グリーンテック」さんが管理をしてくださっています。

昨年初めて行った「秋のふれあい祭り」を今年は考古博物館も一緒に行うこととなりました。

20101013-19.jpg

開催日は来週の10月17日(日)
会場は山梨県曽根丘陵公園(研修センターおよびその周辺)です。
詳細は山梨県曽根丘陵公園のホームページをご覧ください。

考古博物館としては大人気の「勾玉作り」、「古代の火お起こし体験」などを行います!

秋の過ごしやすい1日、ふれあい祭りに遊びに来てください。
ご家族、ご友人皆様でお越しくださいませ。

----------協力員の方へ--------

いつも学校などの勾玉作りの補助をお願いしています、協力員の方にはこのふれあい祭りの勾玉作りのお手伝いもお願いしております。
よろしくお願いいたします。

2011年06月13日

縄文王国山梨巡回展inふじさん!開催中!

山梨県内の資料館・博物館7館で構成している「縄文王国山梨」。
各館の紹介をした展示をふじさんこと、富士吉田歴史民俗博物館で開催中です。

20110613-1.jpg

この「縄文王国山梨巡回展」は縄文王国山梨で今年初めて試みる企画です。
縄文王国山梨各館がその館を代表する資料を持ち寄って展示しています。
7館の資料が一挙にみられます。
もちろん考古博物館がおすすめの縄文土器も展示されていますよ。
開催期間はは6月19日(日)まで!
しゃかちゃん(釈迦堂遺跡博物館)はもう展示を見にいったようです。
→しゃかちゃんのづれづれ日記 6月10日記事
開催期間が短いので思い立ったらすぐですよ!

開催期間:平成23年6月4日(土)~6月19日(日)
会場休館日:火曜日
観覧料:常設展示に含まれる(大人300円/小中高生150円)

次回の巡回展会場は未定ですが、各館を順次巡回していく予定です。

*縄文王国山梨ブログ巡回展記事

2011年10月13日

2011 風土記の丘・曽根丘陵公園 秋のふれあい祭りを10月16日(日)に開催します!

20111013-4.jpg

今年も来る次の日曜日10月16日に「風土記の丘・曽根丘陵公園 秋のふれあい祭り」を開催します。
イベントではうさぎやポニーなどと触れ合うことのできる「いちにちどうぶつむら」やディスクを使い華麗なる技を披露する「ディスクドッグショー」、クラフト体験などを行います。

山梨県立考古博物館(共催)では、風土記の丘研修センターで、おなじみの「勾玉作り」を行います!
人数に限りがありますので、お早目においでください。
秋の1日を「秋のふれあい祭り」でお楽しみください。

■開催日 2011年10月16日(日)
■時間  10:00~16:00
■会場  甲斐風土記の丘曽根丘陵公園(甲府市) 

☆詳しくは、山梨県曽根丘陵公園のホームページをご覧ください。
 →山梨県曽根丘陵公園

2011年10月31日

NHK甲府 イベントPR出演してきました。2011.10.26

20111031-3.JPG

NHK甲府放送局で放送されている「イベントPR」に考古博物館職員3名が出演しました。

10月27日(木)のお昼前の「もうすぐ山梨のおひる」や28日(金)夕方の山梨のニュース「まるごと山梨」で放送されました。

20111031-4.JPG

縄文服を着ての登場です!今年度で2回目のイベントPR。
イベントの集客のためにと頑張っています。
PRしたイベントは、11月3日(木・祝)に開催する第29回特別展関連イベント「縄文土器で煮てみよう!」です。

20111031-5.JPG

イベントでは、本物そっくりにつくった縄文土器でドングリを煮てみます。
ドングリは考古博物館の周辺で採取したものです。

20111031-6.JPG

「縄文土器はお鍋として使われていたことは意外と知られていません。」
本物の土器を持参しました。
土器の中をみると、お鍋として使われた痕跡が確認できます。
その様子も映されました。

今回「テレビみたよ」とおっしゃってくれた方が何人もいらっしゃいました。
このイベントPR効果があればうれしいと思っています。
では、11月3日(木・祝)お待ちしてまぁす!

*第29回特別展「縄文土器名宝展~縄文芸術の到達点~」関連イベント「縄文土器で煮てみよう!」のご案内

2012年05月31日

「立正大学同窓会山梨県支部 公開講座 新発見の古文書から見る山本菅助(勘助)」開催のお知らせ

立正大学同窓会山梨県支部主催の公開講座が今年も開催されます。
今年も歴史系の講座です。
開催日は平成24年7月7日(土)、演題は「新発見の古文書から見る山本菅助(勘助)」です。

勘助文書につきましては、前々年度の協力会総会や昨年度の日帰り研修でも触れています。

平成22年度考古博物館協力会総会 2010.4.17

平成23年度考古博物館協力会第1回日帰り研修「東日本第3の巨大古墳群馬県浅間山古墳への旅」 2011.7.3

キャンパスネットやまなし連携講座です。

講師は立正大学出身 山梨県立博物館 学芸員 海老沼 真治さんです。
この新発見古文書(群馬県安中市 真下家文書)を調査したのも海老沼学芸員です。
調査をした本人から話が聞ける貴重な機会です。
どなたでもご参加できる講座だそうです。
協力員さんをはじめ奮ってご参加ください!!

20120531-26.jpg

開催日:平成24年7月7日(土)
時間:午後3時~
会場:ベルクラシック甲府(山梨県甲府市丸の内1-1-17)


*ご案内のチラシはこちら

2012年09月20日

考古博物館開館30周年記念特別展「インカ帝国展~マチュピチュ「発見」100年~」始まりました!!緊急告知です!!

9月18日(火)より無事オープンいたしました、考古博物館開館30周年記念特別展「インカ帝国展~マチュピチュ「発見」100年~」。
会期3日が終わりました。
平日にも関わらず連日多くの方に観覧いただきありがとうございます。

20120920-1.JPG

考古博物館協力員の皆さんはボランティアスタッフベストを着用し、来館者を笑顔で迎えております。
協力員さんの支えがあってこのインカ帝国展が開催されています。

インカ帝国展は始まったばかり。

インカ帝国展(山梨県立考古博物館)Twitterでは毎日の入館のようすや混雑状況などがつぶやかれていますので、来館の際に参考になさってください。
インカ帝国展【山梨展】Facebookでは展示品の写真なども掲載されています。こちらもぜひ「話題」にしていただきたいと思います。

たくさんの方のご来館をお待ちしております。


さて、緊急告知となりますが、明日9月21日(金)に考古博物館よりインカ帝国展の生中継(テレビ)があります!!


20120920-2.png

先日9月7日(金)にもお世話になった、UTY(山梨放送)さんの番組、UTYはなきんマーケット内でインカ帝国展のようすが放送されます。

9月7日のようす


生放送なのでなんだかドキドキです。考古博物館の学芸員も出演予定です。
時間は午前10時50分からです。お見逃しなくご覧ください。

2013年01月10日

NHK甲府放送局で紹介予定~冬季企画展「甲州市内の出土品Ⅱ~ワインの町の縄文時代~」

明日1月11日(金)、NHK甲府放送局の昼の12時前と夕方6時の番組内で考古博物館で現在開催中の冬季企画展「甲州市内の出土品Ⅱ~ワインの町の縄文時代~」の紹介をしていただけることになりました(予定)。

かいなび 午後6:10~
NEWS まるごと山梨 午前11時35分~

*NHK甲府放送局 番組紹介

20130110-1.jpg

20130110-2.jpg
重郎原遺跡(甲州市) 深鉢形土器

冬季企画展では、甲州市内で行われた長年にわたる発掘調査の成果のうち縄文時代の遺跡からみつかった出土品を展示しています。
また近年の甲州市内の発掘調査成果として、県指定史跡「武田勝頼の墓」から発掘された経石についても紹介しています。

*冬季企画展のご案内

20130110-3.jpg
20130110-4.jpg

ポスター・チラシに掲載されている有孔鍔付土器(安道寺遺跡 甲州市)。

20130110-5.jpg
20130110-6.jpg

人面装飾(安道寺遺跡 考古博物館所蔵)。
2つ展示してあったのですが、1つはエントランスホールで開催している「新年干支展」に出張中です。


どんなふうに企画展が紹介されるのか…番組をご覧ください。


それから、

明後日12日(土)は関連講座「昔むかしの甲州市」を開催します。
甲州市教育委員会の飯島泉氏を講師にお迎えして、甲州市の縄文のこと、勝頼の経石のことなどをお話いただきます。

冬季企画展関連講座「昔むかしの甲州市」(第5回考古学講座)

開催日
平成25年1月12日(土)

時間
午後1時30分~3時

会場
風土記の丘研修センター

こちらもぜひご参加ください。


*放送の様子

お昼の前の「かいなび」では堀口キャスターに、夕方の「まるごと山梨」では小倉キャスターにご紹介いただきました。
この放送を見て講座に参加された方もいらっしゃいました。

20120117-1.jpg

20120117-2.jpg

20120117-3.jpg

安道寺遺跡(甲州市塩山)から出土した、お酒づくりに使われたと考えられている「有孔鍔付土器」が特別出演。

20120117-4.jpg

ちょうど今年の干支「ヘビ」の装飾が付けられています。
土器出演はとても好評でした。

(2013.1.14追記)

About ニュース

ブログ「山梨県立考古博物館協力会」のカテゴリ「ニュース」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはスタディです。

次のカテゴリはノンジャンルです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35