« 梅づくし~公園の梅が満開です!! 2013.3.12 | メイン | 協力員対象 勾玉作り体験等の体験補助研修 2013.3.1・3・9 »

平成24年度 風土記の丘望見展「再現!古代のガラス玉工房~鋳型・巻き取り技法・引き伸ばし技法によるガラス玉製作実験~」 2013.2.5~3.20

20130313-1.JPG

3月20日(水・祝)まで風土記の丘研修センターエントランスホールにて「再現!古代のガラス玉工房 ~鋳型・巻き取り技法・引き伸ばし技法によるガラス玉製作実験~」を開催中です。

風土記の丘研修センターでは、平成18(2006)年度より一般向け体験学習メニューである「原始古代の技に学ぶ」や近年からは小中学生を対象とし行っている「夏休みフリーパスポートイベント」などにおいて、古墳の副葬品や伝世しているトンボ玉の巻き取り技法による復元製作体験を実施してきました。
今回はこれまでの7年にわたるガラス玉作り体験を踏まえて、巻き取り技法によるガラス玉作りの工程や弥生時代中期から古墳時代の遺跡から出土している鋳型によるガラス玉作りの製作実験工程などを展示しています。

(参考)*原始古代の技に学ぶ トンボ玉づくり教室ご案内

平成24年度 風土記の丘望見展
「再現!古代のガラス玉工房
~鋳型・巻き取り技法・引き伸ばし技法によるガラス玉製作実験~」

20120313.jpg

会期:平成25年2月5日(火)~3月20日(水・祝)

会場:風土記の丘研修センター エントランスホール

観覧料:無料

時間:午前8時30分~午後5時

休館日:月曜日

*ご案内

20130313-2.JPG

-展示資料-
鋳型(焼成した粘土・生粘土・砂型)によるガラス玉作りと作品
巻き取り技法によるガラス玉作り工程と作品
引き伸ばし技法によるガラス玉作りと作品

20130313-3.JPG

鋳型を使ったガラス小玉・勾玉の製作実験工程と結果の展示です。

20130313-4.JPG20130313-5.jpg

このパネルにあるように実験を行いました。

20130313-6.JPG

①ガラス小玉・勾玉の鋳型(生粘土、焼成粘土、砂粘土)を作る。
 ガラス小玉の孔の大きさは直径8mm、深さ8mm。底部中央にピンを立てる小穴を開ける。
②鉄針金・竹ひご、虫ピンを立て、現代の離型剤と灰を水に溶いた離型剤の2種類を塗布する。
③孔にガラス片を丁寧に盛り上がるくらいに詰め込む。

20130313-7.JPG
20130313-8.JPG

④炉を使い高温で各鋳型を焼成する。

いくつかの丸玉ができました。

20130313-9.JPG

型から外したもの。

※詳しくは展示をご覧ください。

20130313-10.JPG

ものづくり教室でも行っている、巻き取り技法によるガラス玉作り、引き伸ばし技法によるガラス玉作りの展示です。

20130313-11.JPG

巻き取り技法によるガラス玉作りは、ガラス棒をバーナーで熱して溶けたガラスを細い鉄の棒(先のほうに離型剤を塗る)に巻き取ってガラス玉を作ります。
職員が巻き取り技法で製作したトンボ玉、勾玉も展示しています。

20130313-12.JPG

一般の方対象のものづくり教室「原始古代の技に学ぶ」や「青銅器製作体験プログラム」で行っている「青銅器作り体験」関連の展示もしています。

平成24年(2012)10月3日(水)、昭和57年(1982)11月3日の開館から130万人目の入館者の方をお迎えしました。この時130万人目の方にお渡しした記念品「古墳時代の青銅鏡(レプリカ)」を展示しています。

20130313-13.JPG

大丸山古墳(甲府市)出土
三角縁獣文帯三神三獣鏡(さんかくぶち じゅうもんたい さんしん さんじゅう きょう)のレプリカです。
直径約17cm。銅に錫を約30%含ませたもの。

入館者130万人達成(考古博物館ホームページ)
平成24年10月3日(水)山梨県立考古博物館入館者130万人を達成!(協力会ブログ)

20130313-14.JPG

山梨県では発見されていない青銅器「銅戈(どうか)」。
職員が復元製作したものです。

大陸から日本列島に最初の金属(青銅)が入ってきたのが今から2,000年ほど前の弥生時代と言われています。
古墳時代には古墳の副葬品として様々な青銅器が作られました。
青銅器は権力のしるしであると同時に、当時の人々は神秘的な力も感じていたと思われます。
(展示パネルより)


20130313-15.JPG
20130313-16.JPG

毎年恒例の展示、小中学生とその保護者のものづくり教室「チャレンジ博物館」の展示もあります。
今年度は、チャレンジ博物館は全12回いろいろなもの作りに挑戦しました。

20130313-17.JPG

第8回「森の木の実で染めてみよう」で染めたどんぐり・クルミ染めとクチナシ染めや

20130313-18.JPG

開館30周年記念特別展「インカ帝国展」関連企画第9回「インカの杯 ケロをつくろう」のインカ帝国展で展示されていた「ケロ」をモデルに粘土で作られた「ケロ」、

20130313-19.JPG

第9回「干支の土鈴をつくろう」の平成25年の干支「巳」と重要文化財 一の沢遺跡(笛吹市)出土の土偶のいっちゃんとのコラボ土鈴も展示されています。


来年度も各種ものづくり教室「原始古代の技の学ぶ」(一般の方対象)、「チャレンジ博物館」(小中学生とその保護者)を計画しております。
楽しくものづくりをしながら古代について知ってもらったり、古代の技術を考えたりしていただければと思います。

早速、
平成25年度 原始古代の技に学ぶ1 
「トンボ玉作り教室~古代の装身具作り体験~」のご案内です。

巻き取り技法でトンボ玉を作ります。

開催日:平成25年4月13日(土)

参加お申し込みは3月13日(水)からです。
お申し込みは風土記の丘研修センターまでお願いします。(電話055-266-5286)

*ご案内

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年03月13日 09:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「梅づくし~公園の梅が満開です!! 2013.3.12」です。

次の投稿は「協力員対象 勾玉作り体験等の体験補助研修 2013.3.1・3・9」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35