« 小中学生の考古学研究 第10回わたしたちの研究室展示会 開催中 | メイン | 春はまだ?公園の梅の開花情報 2013.2.26 »

明日2月23日は「富士山の日」!平成24年度富士山の日関連イベント「富士山ミニ展示」2月28日(木)まで開催中

山梨県では、富士山の豊かな自然及び美しい景観並びに富士山に関する歴史及び文化を後世に引き継ぐことを期する日として、平成23年12月に2月23日を「富士山の日」としました。
現在、「富士山」は世界文化遺産登録を目指しており、この夏に登録されるかどうか待たれています。

史跡 富士山 (平成23年2月7日指定)
(山梨県富士吉田市・富士河口湖町・鳴沢村、静岡県富士宮市・裾野市・小山町)
 富士山は、山梨県と静岡県の境界にそびえる我が国最高峰の火山であり、その優美な姿は古くから人々に感銘を与え、「万葉集」をはじめとする文学作品の題材となるとともに、浮世絵などの絵画を生み出す源泉となってきました。日本文化の源とも言える富士山の風景は昭和27年に国の特別名勝に指定され保護されています。このような富士山は「信仰の山」としても大変重要です。
 富士山が活発に噴火していた奈良・平安時代には浅間大神がいる山として信奉され山麓に複数の浅間神社が祀られるなど遙拝(遠くから拝み眺めること)の対象となっていましたが、平安時代末(12世紀)には修験に関わる信仰の場ともなり、宗教者による登拝の対象となっていきました。その後、戦国時代には宗教者以外の登拝も盛んとなり、江戸時代には富士講の人々が数多く登拝する隆盛期を迎えることとなり、登山道や宿泊施設・信仰施設が整えられ、麓には御師集落が発達することとなります。富士山の信仰は明治時代の神仏分離令など時代の流れで目立たないものとなっていきましたが、現在の登山者の多くが山頂でご来光を仰ぐ姿には富士山信仰の痕跡があると考えることもできます。
このように富士山は古代から近現代に至る我が国の山岳信仰のあり方を考える上で重要であることから、信仰の中核となってきた山頂部と山麓の各社寺、吉田口登山道が国史跡としてこのたび新たに指定されました。
(山梨県教育委員会 2011「教育やまなし(235号)」より)

201300222-1.jpg

この「富士山の日」を記念して、今年も富士山に関係する展示「富士山ミニ展示」を2月28日(木)まで考古博物館エントランスホールにて開催しています。

富士山は昔から信仰の山として多くの人々の心のよりどころとなってきました。そんな富士山信仰にとって欠かせないのは「道」の存在です。
今回の展示では富士山に向かう信仰の道に関わる出土品を紹介しています。

ご案内
富士山の日について

201300222-2.jpg


富士山と深いつながりがある河口浅間(かわぐちあさま)神社の周辺地域で発掘された「滝沢遺跡」「炭焼遺跡」「宮ノ上遺跡」、甲斐路(旧鎌倉街道)沿いにある「行者平(ぎょうじゃだいら)遺跡」の4遺跡の出土品(約18点)を展示しています。
これらの遺跡の調査成果から富士山への信仰の道と河口地区の重要性について考えてみたいと思います。

201300222-3.jpg

河口浅間神社、滝沢遺跡、炭焼遺跡、宮ノ上遺跡は山梨県南都留郡冨士河口湖町の河口地区にある遺跡です。

滝沢遺跡では、河口の地名を表すと考えられる「川」の字の刻書土器(平安時代)がみつかっています。

201300222-4.jpg

また多くの墨で字がかかれた墨書土器もみつかっています。
「本人」、「連」、「九」などの文字があります。

201300222-5.jpg

「本人」の墨書がある土器(平安時代) 滝沢遺跡出土

201300222-6.jpg

その他には…

201300222-7.jpg

特殊な形をした火打ち金(平安時代末か)が炭焼遺跡からみつかっています。
装飾されたこの火打ち金は実用的なものではなく儀式の際に使われたものと思われます。

201300222-8.jpg

金の粒が付着した陶器(戦国時代)が宮ノ上遺跡からみつかっています。

201300222-9.jpg
201300222-10.jpg

御坂峠を越えて笛吹市側に下る甲斐路(旧鎌倉街道)のすぐ脇にある行者平遺跡では、磁器(江戸時代)や砥石(江戸時代)、泥メンコ(江戸時代)、かわらけ(中世(15世紀末)などがみつかっています。
行者平遺跡はかつて大善寺(甲州市勝沼町)の行者堂があったと伝えられています。

このように河口浅間神社周辺の遺跡からの出土品はこの地域の重要性を示すものとして考えられます。
官道が通り、政治的文化的中心地だった河口地区だからこそ、富士山の噴火を鎮めるための浅間神社が置かれたのではないでしょうか。

詳しくはぜひ展示をご覧ください。

今年の富士山の日はちょうど土曜日です。学校やお仕事がお休みの方も多いかと思います。
富士山をゆっくり眺めてみたり、富士山の日関連イベントに足を運んだりしてはどうでしょうか。
当館以外でも2月23日の「富士山の日」に関連したイベントが各所で開催されています。
関連イベント一覧は、県ホームページ「富士山の日」のページ中程にある「富士山の日」関連イベントガイドリーフレット(pdf)をご覧ください。→こちらのページ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年02月22日 20:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「小中学生の考古学研究 第10回わたしたちの研究室展示会 開催中」です。

次の投稿は「春はまだ?公園の梅の開花情報 2013.2.26」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35