« 明日2月23日は「富士山の日」!平成24年度富士山の日関連イベント「富士山ミニ展示」2月28日(木)まで開催中 | メイン | 縄文王国山梨講演会「縄文人の世界観~縄文土器を読み解く~」2013.2.11 »

春はまだ?公園の梅の開花情報 2013.2.26

今年の寒さも厳しく、考古博物館周辺の公園にある梅の花の開きが例年より遅いようです。
甲府気象台からはまだ梅(白梅)の開花宣言はされていません(2013.2.26現在)。
(2012年 3月8日、2011年 2月8日、平年 2月23日)

*昨年のようす
*甲府気象台

まだ周りの山々に雪が残る、2月26日(火)の公園の梅の花のようすです。

20130226-5.jpg
20130226-6.jpg

丸山塚古墳東側の梅。

20130226-7.jpg
20130226-8.jpg
20130226-9.jpg

つぼみは膨らんでいますが、まだ数輪しか咲いていない状況です。

20130226-10.jpg
20130226-11.jpg

丸山塚古墳南側(山側)の梅。
後ろには雪をかぶった山がみられます。

20130226-12.jpg
20130226-13.jpg

紅梅のほうが先に咲いているようです。
寒さに少し負けてしまったような花びらも見受けられました。

20130226-14.jpg
20130226-15.jpg

これから満開を迎えます。

20130226-16.jpg

白梅はちらほら咲いている状況です。

20130226-17.jpg

まだつぼみが固い梅の木もあります。

20130226-18.jpg

黄色の花が咲く、サンシュユもまだ開花していません。

20130226-19.jpg
20130226-20.jpg

「早く暖かくなあれ。春よ、来い!」

*昨年のサンシュユの花ようす


20130226-21.jpg

変わってこちらは考古博物館内のサンシュユの生け花です。

20130226-22.jpg

満開です。公園のサンシュユの花もこれからこのように花開いていきます。

この生け花は、ちょうど本日原田協力員さんが生けてくださったものです。
考古博物館へ来た来館者へのおもてなしとして、ボランティアで毎回生けてくださっています。
ありがとうございます。

*平成25・26年度に考古博物館の事業をお手伝いいただく、考古博物館協力員をただいま募集中です。少しでもご興味を持たれた方はご応募ください。→ご案内

考古博物館では、エントランスホールにて富士山の日関連イベント「富士山ミニ展示」を2月28日(木)まで、児童・生徒の考古学研究を展示する「第10回わたしたちの研究室展示会」を3月3日(日)まで開催中です。
また風土記の丘研修センターでは「風土記の丘望見展「再現!古代のガラス玉工房」を3月20日(水・祝)まで開催中です。

考古博物館では各種展示をご用意してお待ちしております。

*展示会のご案内

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年02月26日 19:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「明日2月23日は「富士山の日」!平成24年度富士山の日関連イベント「富士山ミニ展示」2月28日(木)まで開催中」です。

次の投稿は「縄文王国山梨講演会「縄文人の世界観~縄文土器を読み解く~」2013.2.11」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35