« 山梨の考古学・歴史を学べる博物館 山梨県立考古博物館でボランティア活動してみませんか?考古博物館協力員募集(3月31日まで) | メイン | 明日2月23日は「富士山の日」!平成24年度富士山の日関連イベント「富士山ミニ展示」2月28日(木)まで開催中 »

小中学生の考古学研究 第10回わたしたちの研究室展示会 開催中

20130213-1.jpg

20130213-2.jpg

展示のようす

「わたしたちの研究室」では、小中学生のみなさんが考古学や歴史学を学ぶ楽しさを知る機会とするために、その研究作品を募集・表彰しています。
今年度第10回目を迎えました。
今年度は応募282点、総数388人の児童・生徒のみなさんにご参加いただきました。

募集した作品を展示する「第10回わたしたちの研究室展示会」を3月3日(日)まで考古博物館特別展示室で開催しております。

*第10回わたしたちの研究室について

20130213-3.jpg

受賞記念写真

20130213-4.jpg

先日、平成25年2月3日(日)に考古博物館エントランスホールにて表彰式・研究発表会を開催しました。

*考古博物館ホームページ 表彰式・発表会のようす

20130213-5.jpg

はじめに、神津考古博物館長よりあいさつ。

表彰式には、受賞された小・中学生、先生方をはじめ、受賞者のご家族の方、わたしたちの研究室の選定委員の方、考古博物館協議委員の方などにご出席いただきました。

《表彰式のようすは翌日新聞に掲載されました(山梨日日新聞)。》

20130213-6.jpg

作品の選定を行ったひとりである(選定委員長)、山梨県考古学協会会長の谷口先生のごあいさつ。
考古学についてのお話しなどしてくださいました。

20130213-7.jpg

選定委員会は昨年12月18日に行い、個人研究部門・小学校の部 優秀賞(山梨県教育委員会教育長賞)2点、中学校の部 優秀賞1点をはじめとする優秀作品が選ばれました。

20130213-8.jpg

受賞者のみなさん。残念ながら都合により出席できない方もおられました。

20130213-9.jpg

神津館長より受賞された方1人1人に表彰状が手渡されました。

個人研究部門 小学校の部
優秀賞(山梨県教育委員会教育長賞)
甲府駿台小学校 1学年 池田 珠緒 さん
「はじめての こうこがく たいけん」

(最優秀賞(山梨県教育委員会委員長賞)は該当なし )

20130213-10.jpg

個人研究部門 中学校の部
優秀賞(山梨県教育委員会教育長賞)
富士川町立増穂中学校1学年 土橋 祐太 さん
「土の中から今に語る」

20130213-11.jpg

個人研究部門 中学校の部
奨励賞 (山梨県立考古博物館館長賞)
甲府市立北東中学校 1学年 平井 晃大 さん
「土偶に秘められたねがい」

20130213-12.jpg

表彰式の最後には、個人研究部門 中学校の部 優秀賞(山梨県教育委員会教育長賞)を受賞した、富士川町立増穂中学校1学年 土橋 祐太さんよりお礼の言葉(ごあいさつ)をいただきました。

*選定結果

20130213-13.jpg

表彰式後、研究発表会を行いました。それぞれの方に研究作品を発表していただきました。

20130213-14.jpg

個人研究部門 小学校の部
優秀賞(山梨県教育委員会教育長賞)
甲府駿台小学校 1学年 池田 珠緒 さん
「はじめての こうこがく たいけん」

県民の日に初めて考古博物館を訪れ、県民の日のイベントで知ったことをまとめたり、不思議に思ったことを調べたりしました。
焼きいもを食べて嬉しかったり、本物の土器を持ち、重さを感じたり、弓を射る難しさを体験したりしたことをまとめたり、や古博物館前に設置してある「ナウマンゾウ」を「マンモス」だと思ったことから、帰ってからその違いを調べたことをまとめました。

池田さんは小学校1年生とは思えないほどしっかりとした言葉で一生懸命発表してくれました。

20130213-15.jpg

個人研究部門 中学校の部
優秀賞(山梨県教育委員会教育長賞)
富士川町立増穂中学校1学年 土橋 祐太 さん
「土の中から今に語る」

土橋さんは昨年度に引き続いて研究してくれました。
(昨年度の個人研究部門 小学校の部 最優秀賞を受賞 「おじいちゃんの畑を発掘調査」)

20130213-16.jpg
20130213-17.jpg

県内外7か所の遺跡や博物館を訪問し、それぞれの遺跡から出土した土器の特徴を調べ、祖父の畑
から出土した土器片の分類作業に役立てました。
また、石器を実際に作り、作る時の苦労や工夫を体感しました。
調査や実験を通して、古代の人々が広く交流し、助けあい生活してきただろうとまとめました。

土橋さんが、分類した土器や製作した石器、接合した土器も展示会では展示してあります。
昨年より専門的に研究を進めた土橋さんは、将来考古学の道に進みたいとも言っていました。

20130213-18.jpg

個人研究部門 中学校の部
奨励賞 (山梨県立考古博物館館長賞)
甲府市立北東中学校 1学年 平井 晃大 さん
「土偶に秘められたねがい」

山梨県立考古博物館で開催していた夏季企画展「土偶のねがい」を見学し、レポートにまとめました。
縄文人の命を大切にし、子孫繁栄などを願って土偶や人面装飾付土器をつくったことを知りました。

20130213-19.jpg

団体研究部門
努力賞(山梨県考古学協会会長賞)
富士川町立増穂小学校 5学年
「増穂の産業 これまで・いま・これから」

今年は、地域の産業について調べ、まとめました。

※この作品は、「わたしたちの研究室」は考古学や歴史学に関する研究を対象とするということで「努力賞」に止まりました。

(最優秀賞、優秀賞ともに該当なし)

優秀作品の概要

20130213-20.jpg

最後に選定委員の斉藤先生に受賞作品ひとつひとつに丁寧な講評をいただきました。

20130213-21.jpg

みなさんその講評を真剣に聞き、今後の研究への意欲などを固めているようでした。
来年はどんな作品が出てくるのか…楽しみです。

受賞された皆様、この度はおめでとうございました。
先になりますが、第11回わたしたちの研究室も実施予定です。
皆様のご応募、お待ちしております。

20130213-22.jpg

この「第10回わたしたちの研究室」に応募された全作品を3月3日(日)まで考古博物館特別展示室で展示しております。
小中学生の数々の研究ぜひご覧ください。

20130213-23.jpg

20130213-24.jpg

20130213-25.jpg
20130213-26.jpg


第10回わたしたちの研究室展示会

会期
平成25年2月5日(火)~3月3日(日)

会場
山梨県立考古博物館 特別展示室

観覧料
無料

*第10回わたしたちの研究室展示会ご案内

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)