« 考古博物館開館30周年記念特別展「インカ帝国展~マチュピチュ「発見」100年~」始まりました!!緊急告知です!! | メイン | 昭和町立押原中学校の職場体験 2012.10.18 »

平成24年10月3日(水)山梨県立考古博物館入館者130万人を達成!

20121013-1.jpg

考古博物館ホームページ、インカ帝国展Facebookなどでも伝えられましたが、平成24年(2012)10月3日(水)午前10時30分頃、昭和57年(1982)11月3日の開館からの山梨県立考古博物館の入館者が130万人となりました。

20121013-3.jpg

記念すべき130万人目の方は、山梨県甲府市在住の赤池誠さん、久恵さんご夫妻でした。

20121013-2.jpg
インカ帝国展入口にて 記念品など贈呈

山梨県立考古博物館神津館長より130万人目の記念品の「古墳時代の青銅鏡(レプリカ)」と花束、「インカ帝国展~マチュピチュ「発見」100年~」の展示図録が贈られました。

20121013-4.jpg

赤池ご夫妻は開催中の「インカ帝国展~マチュピチュ「発見」100年~」を観覧するためにご来館くださったそうです。
「思いがけず130万人目となり驚いたが、いい記念になった」ということでした。
UTYテレビ山梨さんのテレビ取材もあり、当日のニュースでは「県立考古博物館 入館者130万人を突破!」と放送されました。

20121013-5.jpg

気になる記念品「古墳時代の青銅鏡(レプリカ)」ですが、
考古博物館裏手の山の中にある 大丸山古墳出土の
三角縁獣文帯三神三獣鏡(さんかくぶち じゅうもんたい さんしん さんじゅう きょう)という青銅鏡のレプリカです。

20121013-6.jpg

大丸山古墳は古墳時代前期の前方後円墳です。99m~120mの大きさがあるとされています。

青銅鏡は、直径が17cmで鏡には天空に住む神仙たちとそれらの使いである霊獣(龍や虎など)の文様が表されています。
この鏡を使う人には長寿と昇仙を約束するものであると言われています。
鏡の裏面(鏡面)はきれいに磨かれ、ぴかぴかで顔映りも抜群です。
130万人の記念にと特別に製作されたものです。

20121013-7.jpg

10月4日の山梨日日新聞にもこのニュースが掲載されました。

20121013-8.jpg
130万人目となった赤池ご夫妻と神津館長

 
《考古博物館ホームページより》
当館は山梨の考古学や歴史を学ぶことができる博物館として30年皆様に親しんでいただいております。これからも多くの方にご来館いただけるよう魅力ある展示や企画を行ってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

考古博物館ホームページ 入館者130万人達成
Facebook(10月5日をご覧ください。)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年10月13日 16:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「考古博物館開館30周年記念特別展「インカ帝国展~マチュピチュ「発見」100年~」始まりました!!緊急告知です!!」です。

次の投稿は「昭和町立押原中学校の職場体験 2012.10.18」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35