« 緑のカーテン2012 | メイン | 考古博物館平成24年度夏季企画展「土偶のねがい~縄文の母たちからのメッセージ~」勉強会(協力員対象) 2012.7.25・29 »

平成24年度考古博物館の日イベント「考古博物館まるごと探検隊!~土偶にさわろう!土偶を作ろう!~」2012.7.28

月の第4土曜日は考古博物館の日!(行われない月、第3土曜日の日もあります)ということでお子さんから大人の方まで楽しめる体験メニューをご用意して開催しています!

→詳しくはこちら

20120802-1.jpg

7月の考古博物館の日は平成24年7月28日(土)、「考古博物館まるごと探検隊!~土偶にさわろう!土偶を作ろう!~」を開催しました。
*7月のご案内

7月の考古博物館の日イベント「考古博物館まるごと探検隊!~土偶にさわろう!土偶を作ろう!~」の内容は…
その1 いつもは見られない、博物館の収蔵庫を見てみよう。 
その2 展示室をのぞいてみよう。      
その3 本物の土器や土偶にさわってみよう。
その4 土偶をつくってみよう。 
ということで楽しい体験が盛りだくさん!でした。  

それらの考古博物館での普段はできない体験のようすをみてみましょう! 


会場
 ①博物館収蔵庫
 ②展示室
 ③学習・閲覧コーナー(土器・土偶をさわろう、土偶づくり)

時間
 午前の部:午前10時半~正午
 午後の部:午後1時半~3時

参加者
 午前の部 25名
 午後の部 27名
 計 52名

夏休みのイベントということで、参加された方は、ほぼ親子連れ(小学生とその保護者)でありました。
夏休みの自由研究の宿題をするために参加されたお子さんもいました。また協力員さんもお子さんと一緒に参加してくれました。

*このイベントは、とても人気をいただき、参加お申込みを早々締め切らせていただきました。
 たくさんのお申し込みありがとうございました。
 参加できなかった皆さんごめんなさい。またの機会のご参加お待ちしています。


☆その1 いつもは見られない、博物館の収蔵庫を見てみよう。 

20120802-2.jpg

はじめに保坂学芸課長とともに県内の遺跡から発掘された出土品が収蔵されている博物館収蔵庫の一部を(2階)を見学しました。
普段では見られない収蔵庫見学はこのイベントの売りであります。

20120802-3.jpg

保坂学芸課長が収蔵庫について、また収蔵品について説明します。

20120802-5.jpg20120802-6.jpg

説明をしながら、縄文土器や平安時代の坏などに触れてもらいました。
さっきのはこうだった!今のはこうだ!などと比べながらまたいろいろ感じながら触っていたようです。

20120802-4.jpg

収蔵状況も見ていただきました。
収蔵された数多くの遺物を見たり、ちょこっとだけ触れてみたり。

それから、前回のイベントで収蔵庫を見学時にはなかったものがあるのですがなにかわりますか?


答えは棚に付けられたバンド(横に張られた黒いバンド)です。
地震対策でこのバンドを棚に取り付けました。このバントで棚からの収蔵品の落下・飛出しを防止します。
収蔵品を守るためにこのようなことも行っているんですよ。

☆その2 展示室をのぞいてみよう。

20120802-7.jpg

野代学芸員や村石学芸員とともに常設展や夏季企画展「土偶のねがい~縄文の母たちからのメッセージ~」(8月31日まで開催)を見学しました。

20120802-8.jpg

常設展では縄文時代、土偶を中心をよく見学してもらいました。
学芸員の話を聞き取り熱心にメモを取る小学生。夏休みの宿題でしょうか。

20120802-9.jpg

夏季企画展「土偶のねがい」ではこれから行う土偶づくりのモデルになる土偶、重要文化財 一の沢遺跡(笛吹市)の土偶(愛称はいっちゃんです)や大木戸遺跡(甲州市)の土偶をはじめ、県内各地からみつかった数々の土偶を見てもらいました。

20120802-10.jpg

いろんな土偶がいっぱい。
土偶は女性で妊婦さんなんだよ。
いっちゃん(土偶)もいるね!

☆その3 本物の土器や土偶にさわってみよう。

20120802-11.jpg

土偶づくりの前に土器や土偶の話をしながら参加者に土器や土偶に触れてもらいました。

20120802-12.jpg

実物の触れられるなんて。全部に触れておこう!
土偶に触れ、土偶パワーをもらったかも。

☆その4 土偶をつくってみよう。 

いよいよ土偶づくり。夏季企画展に関連してこの土偶づくりを行いました。
土偶づくりを楽しみにしていた子どもさんが多かったです。

20120802-14.jpg

重要文化財一の沢遺跡(笛吹市)の土偶の「いっちゃん」と

20120802-15.jpg

大木戸遺跡(甲州市)の土偶のどちらかをモデルとして選んで

20120802-16.jpg

オーブン粘土で土偶を製作しました。

20120802-17.jpg

僕は大木戸ちゃんを作る。お母さんはいっちゃん。
どちらの土偶も同じくらいの人気ぶり。

20120802-18.jpg

見学した土偶を思い出しながら、また写真やレプリカを見ながら作ります。
皆さん楽しそうに作っていました。

20120802-19.jpg

作ってみると…
いっちゃんは空洞なんだ。目は丸じゃなくて切れ長。口は丸い。イレズミもしているんだね。後は巻髪をしてるんだ。

20120802-20.JPG

大木戸ちゃんは脚と長め胴に横長の頭。目は切れ長で口は少し笑っているかんじ?薄くつなぎ眉もあるんだね。

20120802-21.jpg

などなど土偶を見ていただけでは見過ごしてしまうところに気付いたり、昔の人の土偶づくりの想いなどを感じることができたようでした。

20120802-22.jpg

僕の大木戸ちゃんできあがり。
にっこにこです。土偶も笑顔(゜o゜)

♪みなさんが作った土偶ちゃん♪

20120802-23.jpg

かわいい、いっちゃん。いっちゃんの特徴をよくとらえて作ってくれました。

20120802-24.jpg20120802-25.jpg

頭だけでなく肩から胸の部分もつくったバージョンです。
後は巻髪も表現。

20120802-26.jpg

激カワ❤大木戸ちゃんカップル❤

1時間半、なかなかできない体験が盛りだくさん。夏休みのよい思い出の1つになったのではないかと思います。
ご参加ありがとうございました。

次回の考古博物館の日は少し先になりますが来年1月26日(土)です(8月~12月まではお休みです)。
再び収蔵庫見学や展示見学、それとおまけ企画(計画中)の内容で開催する予定です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年08月02日 22:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「緑のカーテン2012」です。

次の投稿は「考古博物館平成24年度夏季企画展「土偶のねがい~縄文の母たちからのメッセージ~」勉強会(協力員対象) 2012.7.25・29」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35