« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月 アーカイブ

2012年07月04日

山梨県立考古博物館 平成24年度考古学講座 第2回「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害2縄文時代編~富士山の火山災害と縄文の人々~」2012.7.1

20120704-1.jpg

平成24年7月1日(日)(午後1時半~3時)、平成24年度考古学講座の第2回「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害2縄文時代編~富士山の火山災害と縄文の人々~」が風土記の丘研修センター講堂にて56名の参加のもと開催されました。

☆平成24年度考古学講座について☆
各時代の基礎的な知識を学びながら、各時代の人々が自然災害や環境とどう向き合ってきたのかを通史的に概観します。

平成24年度考古学講座について


平成24年度考古学講座の第2回「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害2 縄文時代編~富士山の火山災害と縄文の人々~」

20120704-2.jpg

講師には富士吉田市教育委員会(富士吉田歴史民俗博物館 学芸員)の篠原 武氏をお迎えしました。

講座の内容が「富士山」を含むということで(開催日7月1日が富士山の山開き)注目の高い講座となりました。

20120704-3.jpg

講演では、縄文時代における富士山の火山災害について、また富士吉田市内の遺跡も紹介していただきながらわかりやすくお話ししていただきました。

火山灰に埋もれた遺跡の発掘事例が増えてきたことによって、火山活動下でも人々がいかに暮らしてきたのかわかりつつあるそうです。
富士山以外の活火山のいくつかでは、より研究が進み、災害による被災の実態だけでなく、その後の道筋まで語られつつあるそうです。

20120704-4.jpg

上暮地新屋敷遺跡(縄文時代早期中葉~後葉(約9,000 ~7,000年前の遺跡)からは縄文時代中期後葉の焼木痕がみつかり、一帯のクリ林が焼失したことがわかったことが紹介されました。

20120704-5.jpg

その他にも火山灰で住居が埋没した後も継続してその地に集落が営まれた遺跡があることも紹介されました。

20120704-6.jpg

「縄文時代の人々は富士山が噴火することを前提に生活を営んでいた。」
このことは現代の私たちが学ぶことができる点であると篠原さんはまとめとしておっしゃっていました。

お話の後、篠原さんは参加者の方からのいくつもの質問にも丁寧に答えてくださいました。

ご講演ありがとうございました。


*数社の取材がありました。

NHK甲府放送局
当日の夕方・夜の県内ニュースの中で紹介がありました。
講座に参加した協力員の方がコメントしている場面も流れました。

讀賣新聞
平成24年7月2日(月)付 31面に記事が紹介されました。

山梨日日新聞
7月6日(金)の紙面に掲載予定です。


第3回目の考古学講座は7月22日(日)、「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害3 弥生時代編~農耕文化の到来と暮らしの変化~」と題して大月市教育委員会 稲垣 自由氏をお迎えしてお話しいただきます。

現在、第3回の参加お申し込み受付中です。
参加お申し込みは考古博物館ホームページから簡単にしていただけます。(電子申請:24時間受付)
お申込みページは、こちら
暑い時期となりますが、ご参加お待ちしております。

2012年07月05日

平成24年度ボランティアガイド研修(前期)を行いました 2012.6.24・7.4

20120705-1.jpg

考古博物館協力員さん対象のボランティアガイド研修を平成24年6月24日(日)、7月4日(水)に開催しました。

ボランティアガイド研修会は前期、後期、実習(全3回)があります。
前期・後期・実習の研修をすべて受けられると来年度よりボランティアガイドとして
活動していただけます。

この研修は、ボランティアガイドさんを養成することを目的としていますが、協力員さんの山梨の考古学や歴史などの知識を深めるためのものでもあります。
4月から協力員になられた方が多く参加してくださいました。

□参加者人数
6月24日(日)午後 9名
7月4日(水)午前 8名

20120705-2.jpg

研修時間2時間みっちり山梨の考古学などについて講義形式で学びました。

講師:6月24日 保坂学芸課長、7月4日 村石学芸員

20120705-3.jpg

みなさんよく話を聞き、知識を深めていらっしゃいました。
ボランティアガイドを現在されている方はよくお客様に質問されるような内容をよく聞き、実際のガイドをする際に活かそうとしているようでした。

20120705-4.jpg

ご参加ありがとうございました。
このボランティアガイド研修前期の続き、後期は展示室の解説研修になります。
開催は少し先になりますが冬(1・2月を予定)になります。
協力員の方は無料で常設展を見ることができます。
来館された際には展示室も積極的にご覧いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

☆*☆**☆今年の七夕さま☆*☆**☆

20120705-5.jpg

明後日7月7日は七夕さまです。
昨日考古博物館でも短冊に願い事を書いて笹に飾りました。

2011年の七夕飾り

20120705-6.jpg
《考古博物館入り口横》

今年の笹はゴージャスです。3mくらいあります。
公園内の笹をいただきました。
おかげさまで存在感のある七夕飾りになりました。
ありがとうございました。

20120705-7.jpg

お願いなににしよう…☆
まだまだ短冊や飾り募集中です☆

20120705-8.jpg

写真にある(☆マークの下)人形飾り(七夕人形)は地域(山梨市)に古くから伝わる七夕かざりだそうです。
昨年の七夕で知る機会があり、今年初めて作ってみました。

七夕人形さんの脚がたなびいています。

20120705-9.jpg

七夕と言えば「☆」ですね!
笹の一番上に飾りました。

20120705-10.jpg

7月7日いい日になりますように☆*☆**☆

☆*☆**☆お知らせ☆*☆**☆
今年の七夕7月7日は土曜日です。
考古博物館は毎週土曜日、小・中・高校生は県内問わず無料で観覧できます。
七夕飾りを見つつ考古博物館へお越しください☆*☆**☆

飾り・短冊が増えました。
協力員さんにも短冊に願いを書いていただきました!

20120706-1.jpg

20120706-2.jpg
2012.7.6

2012年07月09日

立正大学同窓会山梨県支部 公開講座「新発見の古文書から見る山本菅助(勘助)」が開催されました。2012.7.7

20120709-1.jpg

平成24年7月7日(土)、ベルクラシック甲府(甲府市)にて立正大学同窓会山梨県支部主催の公開講座「新発見の古文書から見る山本菅助(勘助)」が開催されました。
山梨県立博物館 学芸員 海老沼 真治さんを講師として約1時間(午後3時30分~4時45分)の講座でありました。

20120709-2.jpg

海老沼さんは立正大学のご出身です。
新発見の古文書である真下家文書(2008年発見)も調査されました。

20120709-3.jpg

戦国武将である「山本菅助」に関しての講演でした。
架空の存在であったと思われてきた山本菅助が実在の人物であったことの経緯や真下家文書などの古文書解読から山本菅助が実際にどういう働きをしたかなどをお話くださいました。
最後に新史料から見えてきた菅助(初代)が果たした役割や菅助の後継者のことなどをまとめとして話されました。

参加者は約50名くらいいたでしょうか。
何人も協力員の方が参加しておられました。
皆さん勉強熱心です。
まとまったわかりやすいお話を聞けてよかったようです。
お疲れ様でした。


*開催のお知らせ
(協力員の中に立正大学同窓生の方がいらっしゃいます。そのご縁もあり本公開講座は協力会共催となっております。)

山梨県指定史跡甲府城跡鉄門復元整備事業関連企画 「ひらけ!玉手箱~よみがえる鯱」開催中です。

20120709-4.jpg

考古博物館エントランスホールでは8月10日(金)まで山梨県指定史跡甲府城跡鉄門復元整備事業関連企画 「ひらけ!玉手箱~よみがえる鯱」を開催しています。

現在、山梨県指定史跡甲府城跡では、本丸の南西、本丸と天守曲輪(てんしゅくるわ)の境目にあった櫓門(やぐらもん)である鉄門(くろがねもん)が山梨県埋蔵文化財センターにより復元整備されています(鉄門は、来年1月完成予定)。

今回その鉄門の屋根の上に実際に乗る鯱瓦(しゃちがわら)(復元鯱瓦)」を特別展示中です。
先日6月22日(金)にこの復元鯱瓦を復元途中の鉄門の屋根に仮置きされたことがニュースとなり話題となりました。
地上10mの高さに乗ってしまえばもうこんな間近では見られません。
一見の価値ありです。この機会にじっくりご覧ください。

鉄門についてなどについてはこの展示を主催している山梨県埋蔵文化財センターのホームページなどご覧ください。
*『遺跡トピックス№345「ひらけ!玉手箱~よみがえる鯱」展の開催』でも紹介があります。

鉄門について

20120709-5.jpg

会期
平成24年7月3日(火曜日)~8月10日(金曜日)

休館日:月曜日(7月16日は開館)、7月17日(火曜日)

時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場
考古博物館 エントランスホール

観覧料
無料
※ただし、常設展示をご覧いただく場合は、別途常設展観覧料が必要となります。

20120709-6.jpg
20120709-7.jpg
20120709-8.jpg

20120709-9.jpg
20120709-10.jpg
20120709-11.jpg

鉄門復元鯱瓦(寸法:高さ95cm、長さ57cm、幅(顔部)25cm、体重39.5kg)
甲府城跡の出土遺物は考古博物館常設展でみることができます。
この復元鯱瓦のモデルとなった鯱瓦も展示しています。


展示期間中(7/3~8/10)は2体の鯱瓦の名前を募集しています!

20120709-12.jpg

素敵な名前をぜひ付けてください。
この後投票で名前を決定します。(投票期間8/11~19 甲府城跡 稲荷櫓にて)

また7月21日(土)には写生大会(小中学生)も開催します。
詳しくはご案内ページをご覧ください。

考古博物館ホームページ本展示のご案内

2012年07月10日

考古博物館協力員の方にお知らせ(お願い)です。

いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
考古博物館協力員の方にお知らせ(お願い)です。

【お知らせ1】

先日、夏季企画展「土偶のねがい」の勉強会のお知らせをお届けしました(平成24年7月1日付文書)。

文書の中に一緒に書かせていただきましたが、1時間程の勉強会の後に第30回特別展(インカ帝国展)の活動内容について説明を簡単にさせていただくことになっております。

夏季企画展勉強会は平成24年7月25日(水)、7月29日(日)、8月4日(土)の3日間の開催です。いずれかの日にご参加ください。

また、勉強会にはご自身のお当番の曜日班以外の方もいらっしゃいます。この機会に他の曜日班の方とも顔合わせをしていただければと考えております。
特別展期間中はほぼ毎週お当番に入っていただきますので、お当番の交替が必要になった際、同じ曜日班の方と交替は難しいと思われますのでこの機会を有効に活用ください。
(お当番の交換は協力員さん同士でしていただいています)


多くの方のご参加お願いいたします。


【お知らせ2】

20120710-1.gif

5月29日、6月9日に開催しました、平成24年度第1回日帰り研修「インカ帝国展~マチュピチュ「発見」100年~」と多摩川台古墳群」の研修記の提出ありがとうございました。
みなさまからいただいた研修記をまとめたものをミュージアムショップへ置きますのでお当番で来られた際など閲覧ください。残念ながら研修に参加できなかった方もご覧ください。
秋のインカ帝国展開催時の参考となればと思います。よろしくお願いいたします。

2012年07月12日

考古博物館外イベント参加のお知らせ

考古博物館外のイベントにも参加しています。
考古博物館を飛び出して考古博物館をアピールします。

この夏は2つのイベントに参加することになっています。
開催日も迫っておりますが、
まず1つ目は、県内の小中学生対象の県立文化施設4館共通「夏休みフリーパスポート」のPRイベントです。
夏休みフリーパスポートについて
各館ブースを設けて、オリジナル缶バッチ作りやオリジナルぬりえなど体験してもらいながら各館のPRをします。
大型ショッピングモールでの開催です。お買い物途中にお立ち寄りください。

開催日:平成24年7月14日(土)
会場:イオンモール甲府昭和 1F ほたる広場
    アクセス
時間:午前10時~12時30分

*イオンモール甲府昭和ホームページ

20120712-1.gif

あのB級グルメ鳥もつのマスコット「とりもっちゃん」も遊びに来てくれるようです。

もう一つは恒例行事、「夏休み自由研究室プロジェクト2012」合同プレゼン参加です。

20120712-2.jpg

「博物館・美術館には自由研究のヒントがいっぱい!山梨県内の博物館・美術館が集合する合同プレゼンは、1日でいろんな博物館の情報を手に入れるチャンス!県内の博物館・美術館が集まって、自由研究のヒントを特別に教えます。」


開催日:平成24年7月16日(月・祝)海の日
会場:アイメッセ山梨(甲府市)
    アクセス
時間:午後1時30分から4時30分

*山梨県立博物館 夏休み自由研究プロジェクト2012ご案内

考古博物館のブースでは今年も土器の拓本体験ができます。


飛び出した会場にも足をお運びください。

2012年07月18日

夏だ!夏休みだ!PRに出掛けてきました!2012.7.14、16

梅雨も明けいよいよ夏本番!夏休みももうすぐです。
夏休み期間中にたくさんの方に考古博物館を活用していただけるよう、PRに出掛けてきました。

20120718-1.jpg

まず1つは、平成24年7月14日(土)、昭和町にある大型ショッピングモール「イオンモール甲府昭和」の1階のほたる広場にて開催した、県内の小中学生対象の県立文化施設4館共通「夏休みフリーパスポート」のPRイベントに行っていました。
夏休みフリーパスポートについて

美術館、博物館、考古博物館、文学館、各館ブースを設けて、ミッフィーぬりえやオリジナル絵手紙、ネームカード、エコバック作り、縄文ぬりえやオリジナル缶バッチ作り、冑試・火縄銃着体験など様々な体験をショッピングモールへ来た子どもたちに体験してもらいました。
博物館に馴染みのない子どもたちも気軽に楽しく参加してくれたようです。

20120718-2.jpg

考古博物館ではオリジナルの縄文ぬりえを体験してもらいました。

20120718-3.jpg
20120718-4.jpg

縄文服を着た職員と一緒に塗っています。
一の沢遺跡の土偶のいっちゃん(重要文化財)やお馴染みの人が踊っているような模様がつけられている土器(重要文化財)をモチーフとしたぬりえ上手に塗れたかな?

あのB級グルメ鳥もつのマスコット「とりもっちゃん」も遊びに来てくれました。

20120718-5.jpg

とりもっちゃんも縄文ぬりえに挑戦!

とりもっちゃんのブログにもこのようすが掲載されています!
考古博物館の職員も写真に写ってますよ♪

夏休みの宿題は県立文化施設を利用しちもうら!inイオンモール甲府昭和店(2012.7.14)

「みんな「夏休みフリーパスポート」を持って博物館へ遊びに来てね!」ということでいいPRの場となりました。


もう1つは毎年の恒例行事、夏休み自由研究プロジェクト2012 合同プレゼンに参加してまいりました。

20120718-6.jpg
20120718-8.jpg

夏休み自由研究プロジェクト2012について(県立博物館ホームページ)」
※「夏休み自由研究プロジェクト2012」についての特別号  

いろいろな博物館の情報を一度に手に入れるチャンス!とあってたくさんの子どもさん・保護者の方がおいでになりました。
昨年度より多くの県内の博物館22館が参加しました。
(夏休み自由研究プロジェクト参加館は40館のうち22館が参加)

開催日:平成24年7月16日(月・祝)海の日
会場:アイメッセ山梨(甲府市)
時間:午後1時30分~4時30分

20120718-9.jpg

縄文王国山梨の仲間も参加していました。

20120718-7.jpg

考古博物館では、今年も「土器の拓本カード」作り(定番化!?)を行いました。
本物の縄文土器のカケラの模様を墨で紙に写し取ります。

今年は、職員4人お揃いの鮮やかなブルーのポロシャツを着ての参加です。
目立ってます。

20120718-10.jpg

本物の土器カケラを和紙で包んでお水を付け、

20120718-11.jpg

乾かし、墨を打つ。

20120718-12.jpg

トントン優しく

20120718-13.jpg

模様が浮き出てきた!

20120718-14.jpg

自分が取った拓本と本物の土器を比べてみる!
土器の模様にみとれてる?

20120718-15.jpg

最後は考古博物館所蔵の縄文土器の写真カードと合わせてラミネートして

20120718-16.jpg20120718-17.jpg

拓本カードの出来上がり!!

本物の土器に触って、自分で土器のカケラ模様を写し取って(拓本)、記念に持ち帰る。今年も好評でした。なかなできない体験をでき、よかったようです。

この合同プレゼンに5年連続参加しているという方もいらっしゃいました。
考古博物館の夏休みフリーパスポートイベントも青銅鏡以外は制覇して、ぜひ青銅鏡を作りたいという歴史好きの小学6年の男の子もいました。
※今年の夏休みフリーパスポートイベントはこちら

20120718-18.jpg

また、ブース仕切りのパネルには小中学生の考古学研究、第9回わたしたちの研究室で最優秀賞に輝いた作品を展示しました(通常は考古博物館に展示してあります)。

小学生の研究作品に感心しながらお母さんも見ています。

もちろん今年も小中学生の考古学研究を募集します!(第10回わたしたちの研究室)
ぜひ夏休みの自由研究などで研究した作品をご応募ください。
9月1日より募集開始です。
第10回わたしたちの研究室について

3時間みっちり、93名というたくさんのお子さんに拓本を体験していただきました。
ありがとうございました。
自由研究のヒント探し、歴史の勉強、縄文土器や古墳見学、イベント参加など博物館へ遊びに来てください。
待ってます♪

2012年07月26日

山梨県立考古博物館平成24年度考古学講座 第3回「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害3弥生時代編~農耕文化の到来と暮らしの変化~」2012.7.22

20120726-1.jpg

平成24年7月22日(日)(午後1時半~3時)、平成24年度考古学講座の第3回「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害3 弥生時代編~農耕文化の到来と暮らしの変化~」が風土記の丘研修センター講堂にて35名の参加のもと開催されました。

☆平成24年度考古学講座について☆
各時代の基礎的な知識を学びながら、各時代の人々が自然災害や環境とどう向き合ってきたのかを通史的に概観します。

平成24年度考古学講座について


平成24年度考古学講座の第3回「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害3 弥生時代編~農耕文化の到来と暮らしの変化~」

20120726-2.jpg

20120726-3.jpg

講師には大月市教育委員会の稲垣 自由氏をお迎えしました。
若手の弥生時代の研究者です。
普段は大月市の郷土資料館に勤務されています。

20120726-4.jpg

1.はじめに(弥生時代のイメージ、弥生時代の年代などについて)
2.農耕期限に関する諸論
3.縄文時代はなぜ終わったか
4.日本列島への稲作伝来
5.弥生時代の暮らし
6.遺跡に残された災害の痕跡
7.まとめ

(講演資料より)

20120726-5.jpg

弥生時代の基礎的なお話しをしていただいたり、甲府市の上の平遺跡の活断層のズレなど遺跡に残された災害の痕跡を紹介していただいたりしました。
参加者の皆さんも興味深くその話を聞いておられました。

20120726-6.jpg

まとめとして「農耕文化の到来とそれに伴って生じた暮らしの変化は環境と大きな関わりを持っていた。」と稲垣さんはおっしゃっていました。

また「考古学的には遺跡に残された災害の痕跡の事例を集めることがこれからの生活に役立つことではないか」ともおっしゃっていました。

参加者の講演を聴いて湧いた疑問や稲垣さんが発掘調査された原間遺跡(南部町)に関する質問にも答えてくださいました。

ご講演ありがとうございました。

第4回目の考古学講座は8月19日(日)、「考古学が語る 暮らし・環境・自然災害4 古墳時代編~カイノクニ(甲斐国)に生きる~」と題して甲州市教育委員会 入江 俊行氏をお迎えしてお話しいただきます。

第4回の参加お申し込みは↓
参加お申し込みは考古博物館ホームページから簡単にしていただけます。(電子申請:24時間受付)
お申込みページは、こちら

2012年07月27日

一の沢遺跡の土偶のいっちゃんが参加中♪応援よろしくお願いします♪「ミュージアム キャラクター アワード 2012」

ミュージアムキャラクターの日本一を決める「ミュージアム キャラクター アワード2012」(インターネットミュージアム)が
7月13日(金)10:00より開催されています。

20120727-1.gif

今年は51館、51の各館の自慢のキャラクターが参加し、2012年のチャンピオンを目指します♪

20120727-2.jpg

このイベントに考古博物館の収蔵品である重要文化財一の沢遺跡(山梨県笛吹市境川町)出土の土偶をモデルとしたキャラクター、「いっちゃん」が考古博物館のキャラクターとして参加しています!!
一の沢遺跡の土偶は愛くるしい表情が特徴の縄文時代の女神さまです。


投票期間は8月28日(月)10:00までです!!
エントリー№37のいっちゃん(山梨県立考古博物館)に応援メッセージ・1票をよろしくお願いいたします。
パソコンや携帯からも投票できます。
投票会場はこちら

↓QRコードを携帯のバーコード機能で読み取ってください。
20120727-3.gif

2012年07月31日

緑のカーテン2012

考古博物館でも夏の暑さ・節電対策(夏の楽しみ!?)で緑のカーテンを作成しています。

20120731-5.jpg[7月28日]

カーテンは来館者の方にはちょっと見えない、館裏手にあります。
ちょうど常設展示室の旧石器時代から縄文時代にかけての部分の裏面にカーテンを作っています。

約1ヶ月前6月24日のようす↓
20120731-1.jpg
ゴーヤ

まだ梅雨真っ最中でなかなか成長しませんでした。
しょぼしょぼです。

20120731-2.jpg
カボチャ

20120731-3.jpg
アサガオ

梅雨が明けるとあっという間に大きくなりました。[7月28日]

20120731-4.jpg
ゴーヤ

20120731-6.jpg
ピンクのアサガオが花開きました。

20120731-7.jpg
ゴーヤの花

20120731-8.jpg
ゴーヤが実っています。
もう食べ頃です。

20120731-9.jpg
カボチャの花

20120731-10.jpg
カボチャも実っています。

これで暑さを少しでもしのぎたいものです。

About 2012年07月

2012年07月にブログ「山梨県立考古博物館協力会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年06月です。

次のアーカイブは2012年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35