« ∞グッズ紹介∞『よみがえる甲斐府中城』 | メイン | 第24回風土記の丘こどもまつり 2012.5.4・5 »

平成24年度山梨県立考古博物館協力員委嘱状交付式、平成24年度山梨県立考古博物館協力会総会 2012.4.29

掲載が大変遅くなりすみません。

20120512-6.jpg

20120512-11.jpg

平成24年4月29日(日)午後1時30分より風土記の丘研修センターにて、平成24年度山梨県立考古博物館協力員委嘱状交付が行われました。また、引き続き平成24年度山梨県立考古博物館協力会総会を開催しました。

時間:午後1時半~4時00分
会場:風土記の丘研修センター 講堂
委嘱者:24名
出席者:59名


■平成24年度山梨県立考古博物館協力員委嘱状交付式

次第
1.開式
2.委嘱状交付
3.館長あいさつ
4.閉式

20120512-7.jpg

神津館長あいさつ

20120512-8.jpg

委嘱状交付

考古博物館開館30周年の特別事業などを見込み、考古博物館協力員を追加募集したところ、多くのご応募をいただき、新たに24名の方が協力員となりました。
※今回の協力員は追加募集のため委嘱期間が平成24年度(1カ年)です。

代表して新規で協力員になられた網野さんに考古博物館神津館長より委嘱状が渡されました。

新しく協力員になられた方はそれぞれ活動意欲があります。
存分に発揮していただきたいと思います。
これで協力員は総勢95名となりました。


■平成24年度山梨県立考古博物館協力会総会

次第

1.開式
2.会長挨拶
3.新事務局員の紹介
4.議事
5.ボランティアガイド証交付式
6.平成23年度出労感謝式

20120512-9.jpg

協力会 椎名会長あいさつ

20120512-10.jpg

議事に入りました。
平成23年度事業報告、決算報告(案)、平成24年度事業計画、予算(案)などについて話し合われました。

20120512-12.jpg

つつがなく進行していき、すべての案が了承されました。

20120512-13.jpg
20120512-14.jpg

その他として発足して4年目となりました、ミュージアムショップ運営委員会の委員長広瀬さんより運営委員会やミュージアムショップについてお話がありました。
現在、委員さんは9名です。

ミュージアムショップ運営委員
 運営委員さん(敬称省略させていただきます)
 委員長 広瀬 はるみ、副委員長 一瀬 順司、副委員長 野呂 忠敏、
 今福 政江、大久保 長仁、杉野 美幸、芹沢 昇、堀内 淳子、武江 公治(新加入)
  
20120512-15.jpg
20120512-16.jpg

続いて、ボランティアガイド証交付式を行いました。

新たに7名の方にボランティアガイド証を神津館長よりお渡しし、考古博物館のボランティアガイドをお願いしました。

ボランティアガイド証交付者(敬称省略させていただきます)
 一之瀬 敬一
 菅沼 芳治
 武江 公治
 名取 正文
 藤田 博夫
 山地 隆公
 山本 達雄


これでガイド証を授与された方は15名となりました。
まずは先輩ガイドさんを見習いながらガイドに慣れていただきたいと思っております。
ガイドの参考にショップでも販売中の『見学の手引き』もお渡ししました。
これからどうぞよろしくお願いします。

20120512-17.jpg

続いて、平成23年度出労感謝式です。

平成23年度出労を感謝しまして、年12回以上出労や研修に参加された方のお名前をお呼びし、特に多くご協力いただいた方(5名)感謝の品をお渡ししました。
「感謝する」ということで他の協力員さんから拍手も起こりました。

20回以上5名、12回以上17名 計22名

5名の方に渡したものは、3月に発行になったばかりの『よみがえる甲斐府中城』とちょっとした品です。
12回以上の方は準備中です。また後日…。
少しでも出労が励みになればと思っております。

20120512-18.jpg

総会の後は記念講演を行いました。

協力員であり、元山梨県埋蔵文化財センター所長を務められましたで新津 健氏にご講演いただきました。
演題「イノシシの造形と縄文文化」

20120512-19.jpg

新津先生は昨年ご著書『猪の文化史 考古編―発掘資料などからみた猪の姿』、『猪の文化史 歴史編―文献などからたどる猪と人』を出版されました(いずれも雄山閣より)。
※当ミュージアムショップでも好評販売中です。

20120512-20.jpg

イノシシの話、縄文土器を飾るイノシシやイノシシ形土製品などの話をやさしい口調でお話をされました。

20120512-21.jpg

縄文のイノシシがどういう存在であったのか、また弥生・古墳のイノシシはどうだったのか、時代を超えてイノシシはどうであったか。

縄文土器を飾るイノシシ造形から、縄文人のイノシシ観をはじめとしてイノシシと人の関わりや飼育の問題などについて考えてみました。

考古博物館の展示品にもイノシシの造形されたものがあります。協力員さんは関連あるお話でよく聞いていらっしゃいました。


*演台横の生け花*

20120512-22.jpg

演台横の生け花は協力員原田さんが生けてくださったものです。
毎年総会の際にご厚意で生けてくださっています。

20120512-23.jpg

20120512-24.jpg
20120512-25.jpg
20120512-26.jpg


紫はライラック、赤はガーベラ、白はカラー。
ありがとうございました。

協力員のみなさま、長丁場お疲れ様でした。
今年は開館30周年記念特別展『インカ帝国展』がございます。
日々の出労をあわせて特別展でも多大なご協力をいたさきます。
1年間どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年05月12日 17:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「∞グッズ紹介∞『よみがえる甲斐府中城』」です。

次の投稿は「第24回風土記の丘こどもまつり 2012.5.4・5」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35