« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月 アーカイブ

2012年04月01日

サクラサク 開花宣言 2012.4.1

先日3月28日(水)に公園の「桜の開花はいつでしょうか」とブログへ書きましたが、本日4月1日桜が開花しています!!
3月28日ブログ

ちょうど甲府気象台からも「さくら(ソメイヨシノ)の開花を観測しました」との開花宣言が出されました。平年に比べて5日遅く、昨年に比べて3日遅い観測だそうです。→過去の観測資料

かんかん塚古墳の横の桜はあと一息ですが、その他の桜の木は、ちらほら咲いています。

20120401-1.jpg

かんかん塚古墳横桜

20120401-2.jpg

20120401-3.jpg

20120401-4.jpg

木の上のほうはもう咲きそうです。


20120401-5.jpg

丸山塚古墳

20120401-6.jpg

墳頂
こちらの木のほうが開花が早いです。

20120401-7.jpg

開きそう!

20120401-8.jpg

上のほうの枝を見ると…

20120401-9.jpg

こんなに咲いています。

20120401-10.JPG

左側の木は

20120401-11.jpg

まだのようです。

20120401-12.jpg

変わって例年濃いピンクの花を咲かせる桜です。
山側にあります。

20120401-13.jpg

多くのつぼみがほころんでいます。

20120401-14.jpg

ちらほら咲いている状況です。

20120401-15.jpg

園路の桜並木…

20120401-16.jpg

ちらほら開花しています。


本日も天気よく最高気温も15度を予想されているのでもっと開花は進むと思います。
満開になるのは開花より1週間後くらいです。
ちょうど今週末の7・8日(土・日)が見頃でしょうか。
お花見にお出かけください。

考古博物館では4月8日(日)まで「山梨の遺跡展2012」開催中です。
会期もわずかです。お待ちしております→こちら

2012年04月05日

春の嵐の中 2012.4.4

4月1日のサクラサク宣言から早3日。
春の嵐が吹いている中でも公園の桜の開花が進んでいます(*^^)v

20120405-1.JPG
20120405-2.JPG
20120405-3.JPG

上の写真の桜の花はかんかん塚古墳横の木の花でした。

20120405-4.JPG

まだ2、3分咲きくらい。

20120405-5.JPG
20120405-6.JPG
20120405-7.JPG
20120405-8.JPG
20120405-9.JPG

こちらは丸山塚古墳墳頂の桜でした。
風強く、枝が大きく揺れています。

20120405-10.JPG

左の桜のほうは9分咲き。まもなく満開。
右の桜は2、3分咲き。

20120405-11.JPG
20120405-12.JPG
20120405-13.JPG
20120405-14.JPG

桃の花のようなピンク色の桜です。
風吹きやまず、枝が揺れます。

20120405-15.JPG

山側にあるピンク桜でした。
4分、5分咲きでしょうか。

20120405-16.JPG

20120405-17.JPG

桜並木の桜でした。
3分咲きです。

20120405-18.JPG

コブシの花も揺れていました。

甲府の満開予想日は4月8日です。
7、8日天気は晴れの予想です。
お花見日和ですね。

明日、8日(金)からは甲府城跡 稲荷櫓にて展示会が開かれます。
甲府城の桜もきれいでしょうね。
→山梨県埋蔵文化財センター主催「発掘された甲府の城下町展-甲府城と城下町-」

8日には講演会も開かれます(信玄公祭り開催中でもあります)。
「甲州寺子屋・講演会」
日時:4月8日(日)午前10時30分から午後12時まで
場所:恩賜林記念会館2階大講堂(入場無料)
演題:『甲府城下町探訪-地下からのメッセージ』
講師:(財)帝京大学山梨文化財研究所 宮澤 公雄 氏

2012年04月13日

満開~その後-公園の桜 2012.4.12

今年お花見はされましたか?
公園の桜の開花から10日ほど経ちました。
甲府地方気象台では先週4月7日(土)さくら(ソメイヨシノ)の満開を観測したそうです(平年に比べて4日遅く、昨年に比べて1日早い観測)。→甲府地方気象台 季節現象資料

公園の桜も木によりますが一番早く開花した桜は7日に満開となりました。今は、また数日が経ち花散る姿をみせています。

20120413-1.JPG
20120413-2.JPG

《4月8日》かんかん塚古墳横の桜は、8分咲きくらいでした。

20120413-3.JPG
20120413-4.JPG

《4月12日》満開です。昨日の雨の影響か地面に少し花びらが落ちていました。

20120413-5.JPG
20120413-6.JPG
20120413-7.JPG

《4月8日》丸山塚古墳墳頂桜(左側)満開です。

20120413-8.JPG
20120413-9.JPG

《4月8日》丸山塚古墳墳頂桜(墳頂登って左側)はまだ8、9分咲き。

20120413-10.JPG
20120413-11.JPG
20120413-12.JPG

《4月12日》丸山塚古墳墳頂桜(墳頂登って左側)は満開!ちょっと満開を過ぎたよう。

20120413-13.JPG

《4月12日》丸山塚古墳墳頂桜(墳頂登って右側)は先に咲いていたので、もうかなり散ってしまいました。

20120413-14.JPG

《4月8日》丸山塚古墳墳頂から山のほうをみるとこんなところにも桜の木があったことを発見!

20120413-15.JPG
20120413-17.JPG

《4月8日》いつもの園路の桜並木。ちょうど満開!!!!!

20120413-16.JPG

違う角度から撮影してみました。

20120413-18.JPG
20120413-19.JPG
20120413-20.JPG
20120413-21.JPG

《4月12日》葉桜になりかけています。地面はまるで桜咲くです。

20120413-22.JPG
20120413-23.JPG
20120413-24.JPG

《4月8日》濃いピンク桜も満開。

20120413-25.JPG
20120413-26.JPG

《4月12日》葉も少し出てきました。桜散るです。

20120413-27.JPG

《4月12日》考古博物館東駐車場の桜。満開を少し過ぎたよう。

20120413-28.JPG
20120413-29.JPG

番外編
《4月8日》甲府城跡 稲荷櫓です。お城には桜がよく似合います。
明後日15日(日)まで櫓内では展示会「発掘された甲府の城下町展-甲府城と城下町-」が開かれています。
また明日14日(土)には「お城周辺散策会」が開かれるそうです。
散る桜を見ながらお城内をてくてくどうですか?

20120413-30.JPG

また、甲府城跡では現在、鉄門(くろがねもん)復元中(県埋蔵文化財センター)です。
平成25年の完成を目指しています。
覆屋で完全には遮蔽されてないので、復元途中のようすを少しみることができるようです。
山梨県埋蔵文化財センターホームページ「鉄門への道」

公園の桜はもう終わりになりますが、その他にもたくさんの草花が今、次々と華開いています。
いい景色です。お出かけください。

2012年04月19日

4月の生け花 2012.4.19

4月も半ばになりました。
いろいろなお花が華開くよい時期です。

20120419-1.jpg

協力員の原田さんが考古博物館の常設展受付前にお花を生けてくださいました。

20120419-2.jpg

広がりがある生け花です。
オレンジ、黄色、白、赤、緑。
まだつぼみのお花もあるのでこれからもっと華やかになるでしょう。

20120419-3.jpg

お花の名前は聞きそびれてしまいました。
なので名前はおそらくです。

カラー

20120419-4.jpg

アルストロメリア

20120419-5.jpg

ユキヤナギ

20120419-6.jpg

赤い小花がかわいいです。

ありがとうございました!!!!

2012年04月30日

第52回史跡文化財セミナー「国宝清白寺から窪八幡神社」2012.4.22

20120428-2.jpg

平成24年4月22日(日)に山梨市にて第52回史跡文化財セミナー「国宝清白寺から窪八幡神社」を開催しました。

*セミナーご案内

今回のセミナーでは山梨市の史跡を徒歩で巡りました。
時間:午前10時~午後3時40分

☆見学コース☆
10:00 集合・はじめの会(山梨市役所駐車場)

亀甲橋・差出の磯、清水陣屋跡など 11:05 窪八幡神社 12:15

富士講、日下部遺跡など 12:40 昼食 日下部公民館 13:20

善行寺など 13:40 清白寺 14:30

14:40 連方屋敷 14:55

15:03 三ヶ所のナシ 15:08

15:40 終わりの会(山梨市役所駐車場)

20120428-1.jpg

はじめの会(山梨市役所駐車場)
参加者:36名
大人気のセミナーで定員30名を超えてのお申込み・参加がありました。
天気は曇り。歩くのにはちょうどいい気温です。
雨が降らないよう祈ります。

20120428-3.jpg

講師は山梨市教育委員会の三澤達也氏です。
山梨市の文化財のことをかれこれ20年くらいされている山梨市の文化財のエキスパートです。

20120428-4.jpg

市役所駐車場を出発して、窪八幡神社へ向かいます。
その途中で、差出の磯などを見学しました。

「差し出の磯」は古今和歌集に「しほの山さしでの磯にすむ千鳥君が御代をば八千代とぞ鳴く」とあるように甲斐の歌枕として数多くの和歌に詠まれました。

20120428-5.jpg

亀甲橋
笛吹川に架けられています。
3連の鋼ローゼ構造。昭和8年竣工。
最近塗り替えられて茶色のアーチになりました。

20120428-6.jpg

旧大井俣神社(現在の大井俣窪八幡神社《窪八幡神社》)はあのあたりにあったと思われます。
三澤さんは丁寧に歴史を語ってくださいます。

20120428-7.jpg

市指定史跡 清水陣屋跡
江戸幕府の第9代将軍徳川家重の第二子清水万次郎(重好)が宝暦12年(1762)甲斐の領地を支配するため山梨郡の下岩下(現笛吹市春日居町)に陣屋を置きました。
重好の死後領地は幕府に返され陣屋も廃止されました。文政13年(1830)に再び甲州に清水領が設定され、翌天保2年この地に陣屋を構えました。
5角形の陣屋敷地は周囲を掘で囲まれていたそうです。
現在敷地周囲の石垣と堀の痕跡をみることができます。

20120428-8.jpg

午前中のメイン、大井俣窪八幡神社(通称、窪八幡)に到着しました。
窪八幡神社は『大井俣神社本記』によると清和天皇の勅願により貞観元年(859)に九州宇佐八幡宮が勧請されたのがはじまりと伝えられています。

窪八幡の建造物は本殿をはじめとして、建造物9棟11件が国指定重要文化財に指定されています。この他に4件が県有形文化財に指定されています。
室町期の神社建築は少なく、神社建築のうち、国指定は県内16棟あります。その16棟のうち8棟がこの窪八幡にあります。ここに50%が集結しているのです。

重要文化財 本殿は、日本唯一について最大の十一間社流造です。

窪八幡神社では現在、国指定重要文化財の本殿・拝殿・若宮拝殿の檜皮葺き屋根の葺替えを含む、社殿の改修事業が行われています。
桧皮葺き屋根の葺替えは前回の改修(昭和25年~昭和29年)以来、およそ半世紀ぶり、平成25年まで(3カ年)行われます。

20120428-9.jpg

重要文化財 窪八幡神社摂社若宮八幡神社本殿
平成23年12月、拝殿・若宮拝殿の屋根が葺き上がりました。

20120428-10.jpg

特別に宝物殿の中も見学させていただきました。

20120428-11.jpg

市指定文化財の木造狛犬も納められていました。

20120428-12.jpg

さらにスペシャルメニューとして現在本殿の屋根の葺き替え現場をみせていただきました。

20120428-13.jpg

日曜日だったのですが、職人さんの作業のようすもみせてくださいました。

20120428-14.jpg

軒の部分です。
これから野地板の上に桧皮を葺いていきます。
もうみることのできない貴重な現場をみて参加者の方も感動したようでした。

文化庁より「修理現場から文化力」
文化庁では、毎年、国宝・重要文化財(建造物)や重要伝統的建造物群保存地区内の伝統的建造物などの保存修理事業に対し、補助を行っています。
国宝・重要文化財(建造物)などの文化財は、所在する地域の歴史・文化を物語るものであり、国民の貴重な共有財産です。
保存修理がなされる文化財建造物が、各地域の「文化力」(=人々に元気を与え地域社会を活性化させて、魅力ある社会作りを推進する力)を盛り上げ、地域振興の核となるよう願っています。

このようにこの修理が「文化力」を盛り上げ、地域振興の核となればいいと思います。

20120428-15.jpg

重要文化財 窪八幡神社鳥居
参道にある日本最古の木造鳥居です。
両部鳥居。

20120428-16.jpg

昼食場所の日下部公民館へ移動します。
笛吹川の堤。
窪八幡神社の例大祭、拝殿での神事のあと行われる「水防祭」の場所です。
つぶてが笛吹川へ投げられるそうです。水除けの神事です。

20120428-17.jpg

小原東(火葬場西)の富士講の碑。

20120428-18.jpg

日下部遺跡1949年(昭和24年)に山梨市の日下部中学校(現山梨市立山梨北中学校)
の建設工事にともなって発見された遺跡です。
遺跡から出土した土師器の坏は「日下部式」と命名されました。
現在の奈良・平安時代の「甲斐型土器」です。

20120428-19.jpg
20120428-20.jpg

お昼を食べて元気をチャージして午後の見学へ。
清白寺へ向かいます。

道すがら善行寺。

20120428-21.jpg

御幸道を歩きます。

20120428-22.jpg

蓮方屋敷を過ぎて、神輿石とお地蔵さん。
清白寺まであと少し。

20120428-23.jpg
20120428-24.jpg

歩いている途中では、今年は開花が遅れたおかげで満開の桃の花をみることができました。

20120428-25.jpg

黄色が眩しいたんぽぽも満開。

20120428-26.jpg

清白寺前に到着です。
清白寺は、足利尊氏が夢窓疎石(国師)を開山とし、正慶2年(1333)に創立したと伝えられる臨済宗妙心寺の寺院です。

ここで雨がポツリと降ってきてしまいました。

20120428-27.jpg

国宝 清白寺仏殿
仏殿の建立は、大正6年の解体修理の際に組物に墨書が発見され、応永22年(1415)と判明しています。
天和2年(1682)の寺院火災にも災いをまぬがれ貴重な遺構となっています。

20120428-28.jpg

仏殿はわが国の仏教建築の主な様式のひとつである唐様(禅宗様)建築の代表的遺構として知られ、「方三間裳階付仏殿」とよばれる形式の典型例でもあります。

20120428-29.jpg

内部も見学させていただきました。

20120428-30.jpg

内部に文様彩色と丁寧な漆塗が施されている点は他に例がないそうです。

20120428-31.jpg
20120428-32.jpg

鏡天井には龍が描かれています。(龍は古いものではないそうです)

20120428-33.jpg

敷地内にあるこちらの桜は葉桜。

20120428-34.jpg

こちらの八重桜は満開。

20120428-35.jpg
20120428-36.jpg

重要文化財 清白寺 庫裏
仏殿背後の本堂右手にあります。
雄大な茅葺屋根をもつ禅宗庫裏です。
寺蔵の古文書より元禄2~6年(1689~1693)に再建されたと考えられています。
昭和61~63年の解体修理工事によって、ほぼ当初の形式に復元されています。
入口で中を見学しました。

20120428-37.jpg

珍しい緑の桜。
御衣黄が植えられています。

20120428-38.jpg

ちょうど花が咲いていました。
いい時期にみることができました。

20120428-39.jpg

県指定史跡 連方屋敷
連方屋敷は、一辺が130mもある方形の広い屋敷跡で、四方に土塁と堀が巡っています。戦国時代には武田氏の財政面で活躍した「蔵前衆」が居住したとも、「蔵前の庁所(役所)」であったとも言われています。

20120428-41.jpg

これまでの発掘調査の結果、礎石建物や掘立柱建物の跡、朝鮮半島や中国で作られた青磁、かわらけとよばれる使い捨ての土器の皿、常滑焼の大甕、内側に把手がついた内耳土器とよばれる土鍋などが発見されました。

20120428-40.jpg

屋敷には土塁が巡っていました。一部が残っています。

20120428-42.jpg

新町の説明を聞き、山梨市役所へ戻ります。
その戻る途中、ちょうど花の時期という市指定天然記念物三ヶ所のナシを見学しました。
根回り1.88m、樹高5.15mの大きさを誇るナシの木です。

20120428-43.jpg

白い花が見事に咲いていました。
実もなるそうです。

20120428-44.jpg

スタート地点に戻ってきました。
スペシャルな史跡文化財セミナー無事終了することができました。
雨もそれほど強くならず、軽快に歩け、本日の歩いた距離はいつもより少し長く7.5km、1万3000歩程でした。

参加者の方からは
「いろいろな山梨市の文化財をみられてよかった。」
「清白寺の仏殿の内部をみることができてよかった。」
など満足な感想が聞かれました。

講師の三澤さん、一緒に同行してくださった山梨市の文化財担当の雨宮さん、参加者の皆様ありがとうございました。


次回の第53回史跡文化財セミナー「中央市小井川遺跡と周辺の文化財」は6月17日(日)に中央市で開催します。
参加お申込みは、開催日1か月前から受け付けます。
最近は考古博物館ホームページからのお申込みも多数受け付けております。
次回もたくさんのご参加お待ちしております。

About 2012年04月

2012年04月にブログ「山梨県立考古博物館協力会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年03月です。

次のアーカイブは2012年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35