« 縄文王国山梨巡回イベント「しゃかどうで 縄文体験!縄文王国 in しゃかどう」2012.1.29 | メイン | 小中学生の考古学研究「第9回わたしたちの研究室」展示会開催中 »

第9回わたしたちの研究室 表彰式・発表会 2012.2.5

20120210-1.jpg

20120210-2.jpg

「わたしたちの研究室」では、小中学生のみなさんが考古学や歴史学を学ぶ楽しさを知る機会とするために、その研究作品を募集・表彰しています。
今年度第9回目を迎えました。
今年度は応募289点、総数387人にご参加いただきました。

*第9回わたしたちの研究室について

20120210-3.jpg

先日平成24年2月5日(日)に考古博物館エントランスホールにて表彰式・研究発表会を開催しました。

◆考古博物館ホームページ 表彰式・発表会のようす

20120210-4.jpg

表彰式では、最優秀賞、優秀賞、努力賞、奨励賞に輝いた入賞者のみなさんに賞状が手渡されました。

《個人研究部門・小学校の部》
最優秀賞( 山梨県教育委員会委員長賞)
 土橋 祐太さん( 富士川町立増穂小学校6年)
 「おじいちゃんの畑を発掘調査」

20120210-5.jpg

《個人研究部門・中学校の部》
最優秀賞( 山梨県教育委員会委員長賞)
 上原 梨乃さん( 都留市立都留第二中学校2年)
 「古代『都留郡』の謎 都留郡は相模国だったのか?」

※都留市立都留第二中学校ホームページ
 「考古博物館主催考古学コンクールで3名が入賞しました」(2月19日掲載)


20120210-6.jpg

《団体研究部門》
 最優秀賞( 山梨県教育委員会委員長賞)
 富士川町立増穂小学校3学年
 「太鼓堂のひみつをさぐろう! 」

※優秀作品一覧はこちら

20120210-7.jpg

その後、個人研究部門・中学校の部 最優秀賞を受賞された上原 梨乃さん( 都留市立都留第二中学校2年)からは受賞者の代表あいさつが述べられました。

研究発表会では、それぞれの方に研究作品を発表していただきました。

20120210-8.jpg

最優秀賞
土橋 祐太さん( 富士川町立増穂小学校6年)
「おじいちゃんの畑を発掘調査」
中央市大鳥居にある祖父の畑から縄文時代の土器片や石器が見つかったことをきっかけとして、土器片が今からどのくらい前のものなのか、その土器はどのような形をしていたのか、山梨県内にで発見された黒曜石はどこでとれたものなのかという疑問について、考古博物館や井戸尻考古館の見学や学芸員の方からの取材でわかったことをまとめました。また、本物の土器を参考に縄文土器を製作しました。

彼は、最後に将来考古学者になりたいと述べていました。

20120210-9.jpg
20120210-10.jpg

20120210-11.jpg

研究発表内容をみなさん興味深く聞き入ります。

20120210-12.jpg

最優秀賞
上原 梨乃さん( 都留市立都留第二中学校2年)
 「古代『都留郡』」
「都留郡は相模国だったのか? 」という疑問に対し、山梨県史や論文などの文献調査や専門家の方々からの取材、遺跡や出土品の調査から研究を行いました。研究仮説を立て、都留郡の地形や生活、郷名、都留地域の遺跡から出土した遺物を調査しました。調査を進める中で、奈良時代の初め頃の都留地域の遺跡から出土した相模型土器や甲斐型土器の出土状況から、考えられる古代都留郡の社会の様子について専門家の先生方からお話を伺うことができたことは大変勉強になりました。調査研究を通して自分が住む地域の歴史についてくわしく調査することができました。

分厚い県史などの資料を読んだり、様々なところへ赴いたりと苦労もあったそうですが、このような研究ができてよかったということでした。

20120210-13.jpg

20120210-14.jpg

努力賞・奨励賞受者からは研究の概要と感想について述べていただきました。

20120210-15.jpg

最優秀賞
富士川町立増穂小学校3学年
「太鼓堂のひみつをさぐろう! 」
同校では、これまで25年間に渡り「地域の歴史」を地域の方や保護者とともに学習し、
発表会を行ってきました。今年度は3年生が「太鼓堂のひみつをさぐろう! 」というテーマのもと、今に残る藤村式建築の太鼓堂について「学校」をキーワードとして調べ学習に取り組みました。それぞれ「建物」「勉強」「生活」「遊び」の4つのテーマ、グループに分かれて資料調査や取材活動、フィールド学習を進めました。

20120210-16.jpg

今回は15分程度の発表時間(一部分を発表)でしたが、本当は2時間くらいの発表時間のある大作です。
学校でも発表会があったということで、慣れたようすでハキハキ発表をしてくれました。

※優秀作品の概要はこちら


受賞者からは、

「自分の作品が選ばれて驚いた」
「頑張って取り組んだ甲斐があった」
「もっとやってみようとやる気が出た」

というコメントもいただきました。
みなさんのこれからの取り組み、広がりが楽しみです。

これらの優秀作品と応募作品は、現在考古博物館特別展示室にて展示中(~3/4まで)です。
子供たちの頑張った成果をぜひご覧ください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年02月10日 16:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「縄文王国山梨巡回イベント「しゃかどうで 縄文体験!縄文王国 in しゃかどう」2012.1.29」です。

次の投稿は「小中学生の考古学研究「第9回わたしたちの研究室」展示会開催中」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35