« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月 アーカイブ

2012年01月02日

平成24年辰年 新年のごあいさつ 2012.1.2

20120102-1.jpg

平成24年辰年、あけましておめでとうございます。
考古博物館は本日1月2日より開館いたしました。
今年の11月3日開館30周年を迎えます。30年目の節目の年、一層気を引き締めて参りたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。


20120102-2.jpg
20120102-3.jpg

新年を飾るのにふさわしいこの干支-龍の置物は、協力員さんが作ってくださったものです。
ありがとうございます。

布でできています。
この龍の表情、迫力あります!

20120102-4.jpg
20120102-5.jpg

お正月らしい凧の絵柄も龍です。

龍のように上昇する一年でありますように。


2012年01月06日

平成24年 新年干支展「辰」開催中です。

新年になって早いもので6日目です。
明日はもう七草(1月7日)ですね。

20120106-1.jpg

1月2日(月)より29日(日)まで考古博物館エントランスホールで平成24年の干支「辰」にちなんだ出土品をミニ展示しています。

平成24年新年干支展

展示品の一部を紹介しようと思います。

竜は、中国で古くから信じられていた想像上の動物で、その原形は、水と関係する蛇、鼻の形は豚、4本足は鰐(わに)、天地を結ぶことから竜巻などが考えられています。また、頭についている角は、天に昇る力を得るものとされています。

20120106-2.jpg
どんな竜がどこに描かれている?

20120106-3.jpg
これはめでたい!富士山と竜

20120106-4.jpg
こちらにも竜 竜 竜 竜

20120106-5.jpg

磁器
山梨県富士川町 鰍沢河岸跡出土

鰍沢河岸跡は、江戸時代から明治時代頃にかけて富士川舟運の拠点となった富士川町にある遺跡で、繁栄の跡を示す膨大な量の出土品があります。
竜の絵柄は幕末から明治時代初期の手描き絵付けの染付磁器にみられます。
明治時代中頃になると、絵柄を印刷する印判手(いんばんて)の磁器が生産されるようになり、その中に竜の絵柄がたくさん見いだされます。

20120106-6.jpg

古墳時代の古墳から出土した青銅鏡-盤龍鏡(ばんりゅうきょう)。
山梨県笛吹市 亀甲塚古墳出土

後漢後期(2世紀頃)の青銅鏡で、竜と虎とが紐(ちゅう)(中央の紐通しの穴をもつ突起を中心に対峙して描かれています。盤龍とはとぐろを巻いた竜のことです。

20120106-7.jpg

青銅鏡の後方には、協力員さんが作ってくださった「竜」のペーパークラフトを飾らせていただきました。毎年ありがとうございます。

20120106-8.jpg

明治時代硬貨
山梨県富士川町 鰍沢河岸跡出土

銅貨は、明治6年に制定された半銭、1銭、2銭の硬貨に竜の図柄があり、鰍沢河岸跡でもたくさん出土しています。
銀貨は明治3年から明治39年にかけて製造されたものに竜の文様が施され、1円から5銭までさまざま種類があります。
鰍沢河岸跡からは、明治24・28・31年発行の10銭銀貨が出土しています。  
じっくり図柄をご覧ください。


年の始め、この展示をみて縁起を担いでみてはどうでしょうか?
1月29日(日)まで。観覧無料です。

2012年01月10日

平成24年 新年イベント「古代のもちつき・マイ破摩矢づくり」 2012.1.2・3

20120110-1.jpg

平成18年から始まった「古代のもちつき」イベント。今年で7回目となりました。
1月2・3日(月・火)の2日間、午前の回11時~、午後の回2時~の1日2回計4回開催しました。

20120110-2.jpg

20120110-3.jpg

このイベントでは、もち米と古代人も食べたという古代米(黒米)などを蒸し、それを弥生時代の臼と杵(竪杵)を模してつくられたもので参加者についていただきます。つきあがったおもちはみんなで味わます。
2日間で87名にご参加いただきました。

古代のもちつきご案内


*平成24年の辰年のおもち*
2日→もち米+黒米(古代米)、もち米+雑穀(キビ)
3日→もち米+黒米(古代米)、もち米+ドングリ(クヌギ)、半分にはエゴマ

20120110-9.jpg

古代米‐黒米。

今年の黒米は、三枝様(韮崎市)が育てたものをいただきました。ありがとうございました。

20120110-10.jpg

キビ。雑穀です。

20120110-11.jpg

ドングリ。考古博物館周辺の公園内から採取してアク抜きしたもの(ペースト状)を使いました。

20120110-12.jpg

エゴマです。ゴマとは違いシソ科の植物です(ゴマはゴマ科)。
エゴマは油も取れます。
近年は健康食品として注目されています。

縄文時代からエゴマはあり、エゴマ主体のクッキー状の炭化物も発見されています。
エゴマは3日の午後の回のどんぐりもちにそのまま混ぜたり、炒って磨ったものをおもちにかけて食べました。
炒って磨るととてもいいエゴマの香りが広がります。


20120110-4.jpg

考古博物館前の炉でもち米、黒米などをかまどで蒸しました。
炉には自然と人が集まります。

20120110-5.jpg

新しいカマドと羽釜、せいろです。
昨年外の炉で蒸したことが好評だったので、新しく道具を一式購入。

20120110-6.jpg

薪を燃やした火の威力は超強力で蒸気が機関車のよう。
蓋をカタカタさせるほどの威力!!
だったので、重石を載せました。
やっぱり下駄のような蓋がよかったのかな…。

20120110-7.jpg

もう一つの炉でも火を燃やし、そこでは暖をとったり、協力員さんがそのまま炒って食べられる「マテバシイ」を炒ってくれました。
マテバシイは今福協力員さんにいただいたものです。
こちら

新年早々でしたが、1月2日は3名(ボランティアガイドさんを含む)、3日は1名、協力員さんにイベントお手伝いなどをしていただきました。
ご協力ありがとうございました。

20120110-8.jpg

みなさんに食べていただきました。
どんぐりが食べられることに驚き、さらに食してみると自然のどんぐりの甘みに驚いたようでした。

20120110-13.jpg

もち米などを火にかけて30分~40分ほどで蒸しあがりました。
これはもち米に黒米を混ぜたものの蒸しあがりです。

20120110-14.jpg

こちらはキビを混ぜたもの蒸しあがり。
湯気がすごい!アツアツ!
これらを臼へ持っていきます。

20120110-15.jpg

そしてつきます!
杵は竪杵です。
竪杵は脱穀や精米などに使用されたものです。
弥生時代の銅鐸にも臼と竪杵を使って作業しているようすが描かれています。

今はおもちつきは横杵を使いますが、弥生時代はこの竪杵のほうが主流だったようです。各地の遺跡で竪杵が発掘されています。
(横杵もあったようですが、とても小ぶりだったようです)。

県内からは南アルプス市の油田遺跡の竪杵があります。
県埋蔵文化財センター遺跡トピックス№144

20120110-16.jpg

つきます!杵重い!
二人のチカラで!

20120110-17.jpg

ペッタン!ペッタン!
いい音が鳴ります!
腰も入ってお父さん上手!

20120110-18.jpg

たくさん力を込めてついていただきました。


20120110-19.jpg
20120110-20.jpg
20120110-21.jpg
20120110-22.jpg

みなさんのおかげでやわらかいおいしいおもちがつけました。

20120110-23.jpg

そのつきたてのおもちを小さく取りわけて、その後味わいます。
取り分ける作業は協力員さんに大いに活躍していただきました。

20120110-24.jpg

手早く取り分けていきます。

20120110-25.jpg

黒米もち(1月2日・3日 午前の回)
薄紫色のおもちになりました。
黒米は玄米なのであまりつぶれずプツプツ残ります。
これがおいしい食感に。

20120110-26.jpg

キビもち(1月2日 午後の回)
黄色が鮮やか。
意外と親しみがあるキビもち!?
桃太郎のキビ団子とおっしゃる方もいらっしゃいました。

20120110-27.jpg

どんぐりもち(エゴマ入り)(1月3日 午後の回)
とてもやわらかなおもちにつきあがりました。
色はミルクチョコのよう。
エゴマのプチプチの食感が大人の方に受けたようです。

20120110-28.jpg

磨ったエゴマをかけて。

20120110-29.jpg

きな粉をかけて。

20120110-30.jpg

味わいます。
柔らかいおもち、おいひい。
古代の人もこんなおもちを食べたのかなぁ?
小さいお子さんさんでも一つ、もう一つ、あと一つ。
とほおばります。
大満足のようでした。

お腹が満たされて後は…

20120110-31.jpg
20120110-32.jpg
20120110-33.jpg

保坂学芸課長とともに館内見学。
2日より開催している新年干支展。
平成24年の干支「辰」に関係する資料を展示しています。
平成24年 新年干支展
*新年干支展
常設展、冬季企画展「甲州市内の出土品」を見学しました。
新年新たな発見ができたようです。

20120110-34.jpg 20120110-35.jpg

おもちつきに関連して「常設展 弥生時代のコーナー 稲作に関わるものをみてクイズにチャレンジ!」も行いました。
展示をよくみてもらえたでしょうか?
竪杵も展示してあります。
クイズに参加してくれた方には、古代のもちつきのチラシやポスターに描かれている干支の龍ちゃんのシールつきのパッケージに入ったクルミ(公園内で採集)をプレゼントしました。

20120110-36.jpg

ミュージアムショップ1月2日初売り!
初買いですかねぇ。

20120110-37.jpg

それから今年は同日開催で「マイ破摩矢づくり」を考古博物館エントランスホールにて開催しました。

20120110-38.jpg

お正月の縁起物としてオリジナルな破魔矢(はまや)をつくってもらいました。
矢の羽の部分(紙)にそれぞれの願いごとを書いて。
どんなお願いを書いたでしょうか?
大願成就 交通安全 学力向上…

20120110-39.jpg

お願いを書いた羽を形に切り、その羽を細竹の先に挟み、竹の中ほどに壇紙を巻き、羽の下に鈴とリボンを付け、完成!

20120110-40.jpg

楽しんで作ってもらえたようです。1年の「お守り」に。

20120110-41.jpg

この古代のもちつきイベントは多数のテレビや新聞の取材がありました。
NHK甲府放送局さん(1月2日のお昼の県内ニュースなどで放送されました)、甲府CATVさん、テレビ朝日さん(You Tubeで昨年同様、みることができます→こちら昨年のようす)、朝日新聞さん、読売新聞さん、毎日新聞さん、山梨日日新聞さん、日本農業新聞さん。
ありがとうございました。

イベントのようすは、広く県民のみなさんに伝わったのではないかと思います。

参加された皆様、年初めよいスタートが切れたのではないでしょうか?
また何度でも考古博物館へ足をお運びくださいませ。
来年2013年も古代のもちつきイベントは開催する予定です。

2012年01月19日

3匹の龍 2012

20120119-1.jpg

とっても個性的な3匹の龍です。
これは平成24年の干支「辰」の土鈴です。
職員手作りのオリジナルです。
この3匹、考古博物館受付カウンターに飾ってあるのですが、
みなさん、ご覧になったでしょうか?

それでは、3匹からごあいさつ。

20120119-2.jpg

こんにちは!
招き猫!?いや、招き龍です。
2012年、右手でたくさんの福を招くからね☆

20120119-3.jpg

コンニチハ。
かっこいい、強いオレ。
2本の角、鋭い目、長いヒゲに牙もある。
細部までこだわっているぞ。

20120119-4.jpg

こんにちはぁぁぁ。
ちょっと眠い…ペンタツです!
大きなあくびをしているだけじゃないよ。

20120119-5.jpg

ぼくの特技は、えんぴつやペンを立てることだよ。
上手でしょう♪

3匹ともどうぞ1年間ごひいきに。
よろしくお願いします!(^^)!

干支「辰」に関係する資料を展示している「新年干支展」は考古博物館エントランスホールにて1月29日(日)まで開催中です。
「新年干支展」そして、こちらの3匹もあわせてご覧ください。
言い忘れていましたが、3匹とも鈴なので、鳴らすことができます。
そっと鳴らしてみてもOKです。

免震台を設置しました 2012.1

20120119-6.jpg

考古博物館の常設展室では、1月10日(火)~16日(月)までの休館期間中に免震台を昨年に引き続き設置しました。
*昨年のようす→常設展の一部(縄文・弥生)の展示を替えました。2011.1《2011.1.21掲載》

20120119-7.jpg

今年設置したのは昨年設置した免震台の右隣り。昨年の台と連結しました。
旧石器時代コーナーの奥です。

20120119-8.jpg
20120119-9.jpg

免震台は、重要文化財 一の沢遺跡(山梨県笛吹市)の土器を地震などの振動から守ります。
一の沢遺跡の縄文土器(縄文時代中期)の名品8個を心行くまでご覧ください。

◎お知らせ◎
来る1月23日(月)に石神学芸員がテレビに出演します。
NHK甲府放送局 お昼前の番組「もうすぐ山梨のおひる」のミュージアムガイドのコーナーに出演予定です。
→時間(番組表)はこちら
お見逃しなく(゜o゜)

2012年01月20日

雪化粧 2012.1.20

20120120-1.jpg

今朝は、考古博物館の前広場のナウマン象も雪化粧です。

20120120-2.jpg

午前8時30分頃のようすです。
大雪が心配されましたが、午前中のうちに雪はやみ、積雪1~2cmくらいでした。
現在はもう雪はかなり溶けてしまっています。

20120120-3.jpg

こんな日の考古博物館の館内です。
現在、考古博物館は冷暖房設備工事のため、暖房が入らない状態でご迷惑をおかけしております。
多少ですがエントランスホールホールでストーブをたいて皆様のご来館をお待ちしております。
展示室内はストーブはたいておりませんので、暖かい格好をしてご来館ください。
よろしくお願いいたします。

2012年01月21日

考古博物館平成23年度冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~」開催中です。

平成23年度冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~」の会期もあと1週間程となりました。
この企画展は、県内各地の教育委員会が埋蔵文化財保護の一環として長年にわたって取り組んできた発掘調査で出土した発掘品のうち、普段は目にすることができない貴重な出土品を各地の教育委員会からお借りして展示し、みなさんの身近にある遺跡や地域の歴史に親しんでいただくために行っています。
今回は、甲州市教育委員会のご協力のもとに、「国指定史跡勝沼氏館跡の発掘調査」をテーマとし、その発掘成果を一堂に展示しております。

20120121-1.jpg

冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~」

会期
平成23年12月10日(土)~平成24年1月29日(日)

会場
考古博物館 特別展示室

観覧無料


20120121-2.jpg

270点以上の出土品を展示しております。

20120121-3.jpg

第1章 勝沼氏の登場と勝沼氏館跡

建具や建築部材など。

20120121-4.jpg

角釘。
勝沼氏館にはどんな建物が建てられていたのでしょうか。

20120121-5.jpg

刀装具など。
発見された遺構や出土した遺物から、勝沼氏の合戦への備えを知ることができます。

20120121-6.jpg

第2章 勝沼氏と信仰・文化

茶釜、茶臼、中国産 天目茶碗、天目茶碗。
中世の武士のたしなみ「茶の湯」が勝沼氏にも取り入れられていたことがわかります。

20120121-7.jpg

香炉、独楽サイコロ、碁石、刀形、土製円板など。
娯楽の道具も見られたり、儀式、信仰に関わるものも見られます。

20120121-8.jpg

第3章 勝沼氏の日常生活

食膳具や台所用具が多数あります。
かわらけ、耳皿など。

20120121-9.jpg

漆塗り椀。

20120121-10.jpg

腐ってなくなってしまうことが多い、動物骨も多数みつかっています。
これらを食したのでしょうか?

20120121-11.jpg

青磁、白磁、染め付けの椀や皿など。

20120121-12.jpg

木製のしゃもじ、卸板、まな板など。
まな板には切り傷があります。

20120121-13.jpg

杵、火鉢、鍋。

20120121-14.jpg

燭台も追加展示しました。

20120121-15.jpg

桶、行器、犂先(からすきさき)など。
日常生活の中で曲物や樽、桶など多種類の木製品が利用されていたことが、出土資料からわかります。

20120121-16.jpg

下駄。

20120121-17.jpg

お歯黒壺、笄(もうがい)、櫛、和鋏、毛抜きなど。
当時もおしゃれや身だしなみには気を遣っていたことがわかります。

20120121-18.jpg

第4章 館内に置かれた工房

金付着土器。
近年の科学的な調査により、内郭では金の精錬が行われていたことがわかりました。
これまでに戦国大名クラスと金との関わりを直接示した遺構はなく、戦国大名の権力構造の一端を明らかにする上で貴重な発見となりました。

20120121-19.jpg

土器に付着している金の粒が見えるでしょうか?

20120121-20.jpg

加工途中の檜板、木製椀未成品など。
木製品加工工房跡が所在したことを裏付けるものです。
この他にも鞴の羽口、鉄滓など金属加工に関わる遺物もあります。

20120121-21.jpg

今回の展示会では、約30年にわたって発掘された数々の出土品を一堂に展示しております。ご来場お待ちしております。

明日1月22日(日)は、本企画展に関連したミニ講演会「勝沼氏館跡の発掘調査成果」を開催します。講師には甲州市教育委員会 入江 俊行氏をお迎えします。

時間:午後1時30分~2時30分
会場:考古博物館 エントランスホール

こちらにもご参加くださいませ。

*ご案内


☆お知らせ☆
来る1月23日(月)に石神学芸員がテレビに出演します。
NHK甲府放送局 お昼前の番組「もうすぐ山梨のおひる」のミュージアムガイドのコーナーに出演予定です。
→時間(番組表)はこちら

冬季企画展をご紹介する内容です。
こちらもご覧ください。

新年の生け花 2012.1.21

その後の生け花(2012.1.28)

20120201-1.JPG

20120201-2.jpg

キクもユリもだいぶ咲きました。

20120201-3.jpg

****************************************************************************************************************

20120121-22.jpg

新年明けて初めての生け花です。
こんな華やかな1月らしいお花を原田協力員さんが生けてくださいました。


20120121-23.jpg

お正月の生け花によく生けられます 南天

20120121-24.jpg

こちらもお正月の生け花に使われますよね 葉ボタン

20120121-25.jpg

冬の花 ツバキ

20120121-26.jpg

スイセン
いい香りがします♪
少し近づいて香ってみてください。

20120121-27.jpg

キク

20120121-28.jpg

ユリ
まだつぼみなのでこれから花開くのが楽しみです。


生け花をみているだけでも癒しの効果がありますよね。
外は寒くてお出かけしにくいかもしれませんが、生け花、そして華麗な縄文土器などに癒されに来られませんか?


2012年01月24日

NHK甲府 もうすぐ山梨のおひるのコーナー「やまなしミュージアムガイド」に石神学芸員が出演しました。2012.1.23

20120124-1.JPG

昨年の10月にも出演しましたが、昨日、1月23日(月)にNHK甲府のお昼前の番組(11:40~12:00)「もうすぐ山梨のおひる」の「やまなしミュージアムガイド」のコーナーに山梨県立考古博物館 石神学芸員が出演しました。

20120124-2.JPG
20120124-3.JPG

今年度3回目の出演です。もう常連!?慣れたようすで開催中の冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~」を紹介しました。

堀口典子キャスターさんが担当してくださいました。
こちら

20120124-4.JPG

勝沼氏館跡した豊富な出土品、下駄や漆塗りの椀、茶釜などを紹介していきました。
当時16世紀の勝沼氏の暮らしぶりがわかる出土品です。

20120124-5.JPG

出土品の鳥が描かれた漆塗り椀も披露しました。
鮮やかな漆の赤色が印象的です。

20120124-6.JPG

近年注目の高い、金付着土器も紹介しました。
この土器によって初めて武士が自分たちで金を精錬していたことがわかりました。

これらの出土品を展示している冬季企画展は1月29日(日)までの開催です。
あと6日ですのでお早目にお越しください。

20120124-7.JPG

最後に1月28日(土)開催の考古博物館の日イベント「考古博物館でお宝発見!!」についてもPRさせていただきました。
当館の学芸員と一緒に展示や収蔵庫を見学したり、本物の土器などに触るイベントです。本物の土器に触る機会はほとんどないと思います。貴重な体験をぜひ!
ただいま参加受付中です。ご参加お待ちしております。
ご案内

2012年01月25日

平成23年度考古博物館冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~」ミニ講演会「勝沼氏館跡の発掘調査成果」 2012.1.22

20120125-1.JPG

平成24年1月22日(日)考古博物館エントランスホールにて、現在開催中の平成23年度考古博物館冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~」に関連してミニ講演会「勝沼氏館跡の発掘調査成果」を開催しました。
(時間 講演 1時半~2時55分、展示解説 ~3時50分)

20120125-2.JPG

冬季企画展関連で講演会を開催するのは初めてです。
ミニ講演会ということでしたが、注目が高く定員を超える34名の方にご参加いただきました。

◆冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~についてはこちら

20120125-3.JPG

講師には甲州市教育委員会 入江 俊行氏をお迎えしました。
新進気鋭の入江さんは、30年にわたる勝沼氏館跡の発掘調査成果をまとめた報告書を刊行した方でもあります。

20120125-4.JPG

勝沼氏館跡の立地環境、勝沼氏館と勝沼氏、発掘調査と整備経過についてなど発掘調査時の写真などをスライドで映しながら、お話しくださいました。

20120125-5.JPG

なかなか聞くことができない内容で、参加された方は、前傾姿勢で話を聞いたり、メモを取っておられました。
入江さん、ご講演ありがとうございました。


20120125-6.JPG

講演後は当館学芸員による冬季企画展の展示解説を行いました。
20名ほどの方に引き続きご参加いただきました。
講演内容を踏まえて展示をみると展示への理解が深まったようでした。

今回の講演会は、1月の寒い時期でどれくらいの方に参加いただけるかと思っておりましたが、この時期の講演会は少ないということで参加された方には喜ばれました。
もちろん協力員の方も数名参加してくださいました。


冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡 勝沼氏館跡の発掘調査~」会期も残すことろあと4日です。
1月29日(日)までの開催です。
初お目見えの資料を多数展示しております。
この機会をお見逃しなく。

About 2012年01月

2012年01月にブログ「山梨県立考古博物館協力会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35