« 晩秋の生け花 2011.11.16 | メイン | 第29回特別展「縄文土器名宝展~縄文芸術の到達点~」終了いたしました。 2011.11.23 »

県民の日 2011.11.20のようす-イベント「一の沢遺跡の土器の拓本を取ろう!」

11月20日は県民の日。県民が郷土について理解と関心を深め、ふるさとを愛する心をはぐくみ、共に次代に誇りうるより豊かなふるさと山梨を築きあげることを期する日として、「県民の日」が設けられました。
明治4年11月20日は、それまでの甲府県を山梨県と改めた日です。
県民の日について

11月20日県民の日は大いに賑わい、入館者は500人を越えました。
ではその日の考古博物館のようすです。

20111123-1.jpg

県民の日はどなたでも特別展・常設展いずれも観覧無料です。
特別展入口などでは協力員さんが活躍中。
お客さまのご案内や入館者をカウントします。

20111123-2.jpg

この日も何人ものお子さんが特別展のぬりえも持ってきてくれました。

20111123-3.jpg

ボランティアガイドの今福さん(協力員さん)特別展を解説しています。
いろいろなお客様の疑問にも答えています。

20111123-4.jpg

特別展だけでなく、常設展もみなさんにみていただきました。

20111123-5.jpg

ミュージアムショップもたくさんに立ち寄っていただきました。
特別展の図録も喜ばれています。好調な売れ行きです。

20111123-6.jpg

県民の日イベントとしては、考古博物館エントランスホールにて「一の沢遺跡の土器の拓本を取ろう!」を開催しました。
特別展にちなんだ企画です。一の沢遺跡(山梨県笛吹市)からみつかった土器のカケラの模様を写し取る土器の拓本体験を行いました。

20111123-7.jpg

取った拓本は土器写真カードと一緒にラミネートして記念に持ち帰っていただきました。
土器写真カードは、本日限定の一の沢遺跡の土器カードです。
一番人気は特別展のポスターやチラシにも使用されている一の沢遺跡の土器集合写真でした。

20111123-8.jpg

大人も参加OK!大人の方にも楽しんでいただきました。

20111123-9.jpg

土器のカケラは今回のイベントのために収蔵庫からピックアップしてきたものです。

「そっちはどんな文様だった?」

20111123-10.jpg

このカケラの文様はぐるぐる。アンモナイトのようなかんじ。
人気のカケラでした。

20111123-11.jpg

取った拓本と土器を比べてみよう!
土器ではよくわからなかった文様が拓本をみるとよくわかるよね。

20111123-12.jpg

縄目の文様がこんなにたくさん付けられていた土器でした。

20111123-13.jpg

土器の把手部分。これを選んだ人はチャレンジャー!
難しさ☆☆でも、けっこう人気の土器でした。

大人・子供あわせて、44名の方に体験していただきました。
一の沢遺跡を知っていただくよい機会にもなりました。

20111123-14.jpg

特別展を解説するギャラリートークも開催しました。
保坂学芸課長が担当の回です。
最後まで解説を熱心に聞いているようすでした。


館の外では…

20111123-15.jpg

館の前の炉ではドングリのアク抜きとあるものを焼いていました。
あるものとは…

20111123-16.jpg

さつまいもです!
このさつまいも、実はこの夏、節電対策で屋上緑化をしたときに育てたものなんです。
来館者の方に振る舞いました。
「おいしい」と評判で、みなさんにほっこりしていただきました。

そんなこんなで1日が過ぎ、県民の日に特別展入館者はおかげさまで6000人を越えました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年11月23日 14:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「晩秋の生け花 2011.11.16」です。

次の投稿は「第29回特別展「縄文土器名宝展~縄文芸術の到達点~」終了いたしました。 2011.11.23」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35