« 第29回特別展関連グッズ紹介Ⅲ | メイン | 職場体験★秋の陣 »

NHK甲府 もうすぐ山梨のおひるのコーナー「ミュージアムガイド」に石神学芸員が出演しました。2011.10.17

20111017-27.JPG

本日10月17日(月)にNHK甲府のお昼前の番組(11:40~12:00)「もうすぐ山梨のおひる」の「ミュージアムガイド」のコーナーに山梨県立考古博物館 石神学芸員が出演しました。
実は春季企画展「古代の台所」を開催していた時にも出演していた(すみません、見逃してしまい報告なしです)ので今年度2回目の出演です。

度々お世話になっている小倉実華アナウンサーさんが今回も担当してくださいました。
笑顔が素敵なアナウンサーさんです。

20111017-28.JPG

西田遺跡(甲州市)の縄文土器を持参しました。
大きさがなんと約62cmもあります。
昨年度の夏季企画展「縄文時代の大形土器~世界最大級の土器を見にこうし~」でも展示したものです。

インパクト大です☆

20111017-29.JPG

ミュージアムガイドで紹介したのはもちろん現在開催中の第29回特別展縄文土器名宝展~縄文芸術の到達点~」です。

20111017-30.JPG

にこやかに特別展についてお話しする山梨県立考古博物館 石神孝子学芸員です。

20111017-31.JPG

展示風景です。

20111017-32.JPG

ちょうどボランティアガイドさんの野口協力員が展示を解説する姿も映りました。

20111017-33.JPG

群馬県渋川市道訓前遺跡(重要文化財)の焼町土器の紹介です。
ドーナツ状の装飾が特徴です。
(展示番号3)

20111017-34.JPG
20111017-35.JPG

山梨県の土器も紹介します。
安道寺遺跡(甲州市)の水煙文土器。
(展示番号88)
隣に展示されている重要文化財 釈迦堂遺跡(笛吹市・甲州市)水煙文土器も有名です。

20111017-36.JPG

最後は、重要文化財 一の沢遺跡(笛吹市)の縄文土器(井戸尻Ⅱ式土器)です。
(展示番号4)
特別展のポスター・チラシに掲載されたり、特別展のぬりえの図柄にも描かれている土器です。
そろばん玉のようなとても不安定な形をしている土器なので作製するには高度な技術がいるでしょう。

20111017-37.JPG

最後に、11月3日(木・祝)開催 「縄文土器で煮てみよう!」を告知!
実際に土器でドングリを煮たりしてみます。

20111017-38.JPG

10月22日(土)開催 「縄文王国大集合 考古博物館で縄文満喫!」も!
弓矢をいってみたり、縄文服を着てみたりいろいろな縄文体験ができます。

どちらのイベントも特別展とあわせて楽しんでもらいたいと思います。


このミュージアムガイドで特別展へいってみたいと思った方が増えたのではないでしょうか?
縄文中期の縄文土器が100点展示されています。
実物を間近でご覧いただき、実物の迫力や縄文パワーを感じていただきたいと思っています。


☆第29回特別展「縄文土器名宝展」を注目していただき、ありがとうございます!
10月13日(木)のお昼のNHKの県内ニュースも特別展の紹介をしていただきました。
甲府CATVさん取材あり。
山梨日日新聞の連載中(全4回)。
10月14日(土)朝日新聞にも特別展に関する記事が大きく掲載されました。


ちょこっとお知らせですが、来週は考古博物館職員がイベントPRに出演させていただきます。
なにをPRするのかはみてのお楽しみです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年10月17日 22:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第29回特別展関連グッズ紹介Ⅲ」です。

次の投稿は「職場体験★秋の陣」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35