« 共催講座 「公開講座 古墳時代の山梨を語る」開催のお知らせ | メイン | 次々来館 学校の校外学習の時期になりました »

考古博物館平成23年度春季企画展「古代の台所~縄文土器から圧力鍋まで~」開催中です。

4月23日(土)より開催してきました、平成23年度春季企画展「古代の台所~縄文土器から圧力鍋まで~」の会期もあと2週間程となりました。

  20110613-3.jpg

展示をみた方からは、「おもしろかった」「一列にお鍋が並んでいる展示がいい」「身近に感じられる展示で興味を持てた」などという声をいただいています。

では、展示の一部を紹介します。

20110613-4.JPG

縄文土器から圧力鍋までです!!
1万3千年前から作られるようになった縄文時代のお鍋―縄文土器が現代のお鍋―圧力鍋までどう変化をしてくるのか、煮炊きの変遷がわかります。

20110613-5.JPG

古墳時代中頃、朝鮮半島より伝わったカマドによって土器も変化しています。
カマドが伝わってきた前と後の変化わかるでしょうか?

20110613-6.JPG

奈良・平安時代の食事を再現してみました。
ご飯と海藻の汁、のびると塩というメニューです。

20110613-7.JPG

これは、大月市郷土資料館さんからお借りした「カマドの模型」です。
住居に設置されたカマドが断ち割られてあり、中の構造がよくわかります。

20110613-8.JPG

こちらは、平安時代の木製品。甲府市教育委員会さんからお借りしたものです。甲府市大坪遺跡出土品。
曲げ物の一部やお皿、火を起こすときに使ったひきり板などがあります。土器だけでなく、このような木製のものも併用していたことがわかります。

参考品としての中央市豊富郷土資料館さんからお借りした、現代の「せいろ」も展示してあります。

20110613-9.JPG

南アルプス市大師東丹保遺跡から出土した中世のお椀です。漆塗りでカブのような絵も描かれています。

20110613-10.JPG

これは復元されたものです。
山梨県埋蔵文化財センターの事業で復元作製)

遺跡からあまり木製品は出土されませんが、きっとここにあるような挽き物、刳り物、曲物などが使われていたと思われます。


春季企画展「古代の台所~縄文土器から圧力鍋まで~」
会期
平成23年4月23日(土)~6月26日(日)

会場
考古博物館 特別展示室

観覧無料です。

ご来館お待ちしております。

*ご案内

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年06月13日 17:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「共催講座 「公開講座 古墳時代の山梨を語る」開催のお知らせ」です。

次の投稿は「次々来館 学校の校外学習の時期になりました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35