« 生け花 2011.6.1 | メイン | 山梨県立考古博物館 平成23年度考古学講座 第1回「お鍋とお釜の考古学 ~土器からみる煮沸具の変遷~」2011.6.5 »

かるがものおやこ 2011.6.4

6月になってもう1週間。先日、考古博物館の受付の置物が変わりました。

20110607-1.JPG
20110607-2.JPG

スイスイ泳ぐかるがもの親子です。

 20110607-3.JPG
20110607-4.JPG

お母さんかるがもの後を7匹のかわいい子どもかるがもが泳いでいます。
置物は、協力員山地さんの手作りです。
山地さんの「手先の器用さ」が光ります。

20110607-5.JPG

お母さんかるがも。
子育て真っ最中でしょうか。
カルガモと言えば、90円切手の絵柄も「カルガモ」ですね。

20110607-6.JPG
20110607-7.JPG
20110607-8.JPG

子どもかるがもたち。
布の色、絵柄がどれも違ってカワイイです。


そのほかにも木のカメさんも作ってくださいました。

20110607-9.JPG

スマイルカメさん。

20110607-10.JPG

このカメさん、甲羅の球を押すと、ノソノソとカメさんが動き出します。
動く時、カメさんの首も動くようになっているのが注目ポイントだそうです(山地さんより!(^^)!)。

20110607-11.JPG

動きは言葉では表せないので、実際に動かしてみてください。
何度も動かしたくなる動き、癒される動きでもあります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年06月07日 17:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「生け花 2011.6.1」です。

次の投稿は「山梨県立考古博物館 平成23年度考古学講座 第1回「お鍋とお釜の考古学 ~土器からみる煮沸具の変遷~」2011.6.5」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35