« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月02日

サクラサク 2011.4.2

4月になりました。
本日4月2日(土)。甲府は最高気温ガ21度となり春の陽気。
3月29日(火)甲府の桜の開花宣言から5日目です。

公園の桜は満開の木もみられるようになりました!
昨年より遅い開花です。

各場所の桜のようすです。
○昨年の桜のようす→3月26日の記事

blog「風土記の丘だよりinかい」でも桜のようすが伝えられえいます。
3月29日の記事「ソメイヨシノ咲き始めました」

20110402-1.JPG

まずは考古博物館東駐車場の桜。

20110402-2.JPG

日に日に咲いていますが、まだポツポツの咲き具合。

20110402-3.JPG

かんかん塚古墳前の桜

20110402-4.JPG

こちらもまだボチボチ。
ちなみに中央付近にある白い筋状の雲は飛行機雲です。

20110402-5.JPG

ブンブン。
この写真、「ある写真」を真似っコしてみました。

狙って撮るのは難しいです…。
ヴェールがかかっているよう…カメラに限界が。

20110402-6.JPG

丸山塚古墳

20110402-7.JPG

満開宣言です!!

20110402-8.JPG

右はヤマザクラ(おそらく)
左はソメイヨシノ

20110402-9.JPG

20110402-10.JPG

20110402-11.JPG

20110402-12.JPG

ソメイヨシノのほうが遅咲き。
バックは銚子塚古墳。

20110402-13.JPG

20110402-14.JPG

園路沿いに咲く桜
トリカラー・モードが終わりつつあり、サクラ色の世界がやってきています。

「風土記の丘だよりinかい」3月12日記事「トリカラー・モード」より

20110402-15.JPG

20110402-16.JPG

20110402-17.JPG

最後は山側に咲くピンクの濃い桜。
この公園内で一番ピンク色が濃いのではと思っている木です。
○2009.3.20の桜→こちら

20110402-18.JPG

こちらは8分咲きくらいでしょうか?

20110402-19.JPG

20110402-20.JPG

今日も公園には、自転車に乗った中学生、お散歩をされている方、お昼を食べている方、桜の写真を撮る方、みなさん春の公園を楽しんでいらっしゃいました。

明日、日曜日もぽかぽか陽気の予想です。
見頃となった桜。考古博でお花見をしてみませんか?

それから…山梨県指定史跡甲府城跡(舞鶴城公園)の桜も「さくらさく」だそうですよ。
こちらでもお花見を。
○くろちゃんの甲府城つづり→4月1日(金)記事

2011年04月05日

生け花 2011.3.31

20110405-1.JPG

紹介が少し遅くなりましたが、また新しい生け花を紹介します。
協力員原田さんが3月31日にちょうど春休み中のお孫さんといらっしゃって生けてくださいました。

20110405-2.JPG

20110405-3.JPG

20110405-4.JPG

20110405-5.JPG

いつも素敵な生け花をありがとうございます。

2011年04月18日

生け花 2011.4.15

20110418-1.JPG

4月15日(金)に生けてくださった生け花です。
いつもありがとうございます。

今回生けてくださったお花は6種類です。

20110418-2.JPG
①葉蘭(はらん)

20110418-3.JPG20110418-4.JPG
②山吹(やまぶき)白と黄色です。

20110418-5.JPG
③千鳥草(ちどりそう)

20110418-6.JPG
④君子蘭(くんしらん)

20110418-7.JPG
⑤小菊(こぎく)

20110418-8.JPG
⑥小手毬(こでまり)
白い小さな花がこれから咲くでしょう。

生け花がある空間は、癒しの空間になっています。
みなさまのお越しをお待ちしております。

2011年04月19日

第48回史跡文化財セミナー「於曽屋敷と武田ゆかりの寺院」2011.4.17

平成23年4月17日(日)に開催した今年度最初の史跡文化財セミナー(今年度の史跡文化財セミナーは全4回)第48回史跡文化財セミナー「於曽屋敷と武田ゆかりの寺院」を甲州市塩山にて開催しました。
その開催レポートです。

20110419-1.JPG

於曽屋敷へ向かいます。

参加者 25名
天気 晴れ
講師 甲州市教育委員会 飯島 泉さん

☆見学コース☆
甲州市役所駐車場
    ↓
於曽屋敷(於曽公園)
    ↓
甘草屋敷(旧高野家住宅) 
    ↓
昼食(甲州市役所)  
    ↓
菅田天神社
    ↓
向嶽寺
    ↓
甲州市役所駐車場
 
20110419-2.JPG

甲州市塩山下於曽にある、於曽屋敷。
現在屋敷の半分が市に寄贈され、公園となっています。
鎌倉時代の代表的な豪族の屋敷跡です。山梨県の史跡に指定されています。
屋敷を囲んでいた土塁(内土塁)をみることができます。3mくらいの高さがあります。

20110419-3.JPG

講師の甲州市教育委員会 飯島さんのご案内・解説で史跡を巡りました。

20110419-4.JPG

土塁の上より中の公園を望む。

20110419-5.JPG

公園内にはしだれ桜も咲いていました。

20110419-6.JPG

飯島さんの解説を聞き、当時のようすを想像しながら見学します。

20110419-7.JPG

二重土塁の痕跡がわかる場所へ。(東北隅)

20110419-8.JPG

於曽屋敷を見学した後は、甘草屋敷へ。
その途中、JR塩山駅前にて。
電車の話。
感心しながらお話を聞きました。

20110419-9.JPG

甘草屋敷に到着。
桃の花の鮮やかなピンクがきれいです。
甘草屋敷(旧高野家住宅)は重要文化財に指定されています。
19世紀初頭の建築と考えられています。

20110419-10.JPG

高野家は江戸時代に薬用である甘草を栽培をして幕府に納めていた家です。
ここから「甘草屋敷」と呼ばれたそうです。

20110419-11.JPG

甘草が植えられている甘草園前にて。
「甘草は1日1回は口にしている植物」という甘草を身近に感じることができるお話もしてくださいました。

20110419-12.JPG

もともとの株の甘草。成長中。

20110419-13.JPG

ひな飾りと桃の花まつりが開催中で、主屋にはたくさんのお雛様が飾られていました。

20110419-14.JPG

お琴の生演奏の音色を聞き、優雅にお雛様を鑑賞できました。

20110419-15.JPG

これは高野家のひな飾りだそう。

20110419-16.JPG

次は塩山駅南口にある石碑前にて。
しおの山と塩山の地名の由来について。
お昼へ。

20110419-17.JPG

午後は、菅田天神社へ。

20110419-18.JPG

神社は承和9年(842)年に国司の藤原伊勢雄が建てさせたと伝えられている神社です。
国宝「小桜葦威鎧兜 大袖付」がある神社で有名です。
今回は残念ながら鎧はみることができませんでしたが、飯島さんはまたみなさんにみていただく機会を作りたいとおっしゃっていました。

向嶽寺へ。

20110419-19.JPG

向かう途中に塩山市中央区区民会館へ寄りました。
旧千野学校校舎で明治時代の建物。
登録有形文化財にも指定されています。
山梨県は登録有形文化財の指定がまだ少ない県だそうです。

20110419-20.JPG
20110419-21.JPG

途中、この町屋通りには古い町並みのようすを垣間見ることができました。

20110419-22.JPG

臨済宗向嶽派の大本山の向嶽寺に到着。
国宝「絹本著色達磨図」など多くの文化財を所有しているお寺です。
重要文化財中門。
檜皮葺についてのお話もうかがいました。

20110419-23.JPG

向嶽寺中にある秋葉神社。
明日18日のお祭りの準備をされているようでした。

20110419-24.JPG

本堂前にて。
お寺の歴史を詳しく聞くことができました。
みなさん名勝である庭園もみてみたいと思ったことでしょう。

帰路へ。

20110419-25.JPG

帰りは古材ギャラリーへも立ち寄りました。

塩山の文化財を堪能した5時間でした。
講師の飯島様、参加された皆様、ありがとうございました。


次回の第49回史跡文化財セミナーは6月12日(日)「天狗沢瓦窯跡と往生塚古墳」として甲斐市で開催します。
お申し込みは5月12日(金)からです。
次回もお楽しみに。

2011年04月28日

平成23年度考古博物館の日イベント「古代の衣装を着てみよう!」2011.4.23

月の第4土曜日は考古博物館の日!平成23年度も開催してまいります!
→詳しくはこちら

4月の考古博物館の日は「古代の衣装を着てみよう!」

20110428-1.JPG
「着心地いい」


この古代衣装は学校などの教育機関へも貸し出しをしているものです。歴史の授業などに活用されています。古代の暮らしを考えることができると好評です。→こちら

では、平成23年4月23日(土)の開催のようすです!

天気は雨。参加人数12名。でした。

20110428-2.JPG

職員が古代衣装の着付けをします。
写真はないのですが、協力員の方にも着付けを手伝っていただきました。
着ている服の上から衣装をまといます。
変身中!?

20110428-3.JPG

変身完了!!
古墳時代の豪族・武人の服、胡服(こふく)を着ました。
直刀を持ってキメポース!!
※直刀は本物の刀ではありません。

20110428-4.JPG

女子に人気だったのがこの女官と巫女さんの衣装!
交替して2種類の衣装を着てみるお子さんもいました。
「どっちの衣装が好き?」
少し緊張しながらも笑顔です。

20110428-5.JPG

巫女さんは手には六鈴鏡と首には勾玉ネックレス。
※小物はレプリカです。

20110428-6.JPG

女官と官吏。

ある方は、衣装を着たお孫さんを見て「学校の先生に話したら」なんていう会話をしていました。

20110428-7.JPG

大人の方も着られます。
一生着ることがないと思うので記念に。
ご夫婦&赤ちゃん。

みなさん、古代の衣装を着て、古代の服のこと、古代の生活などについて考えてみたようでした。
「よい記念になった」という感想も多かったです。

次回は5月28日(土)「土器で煮てみよう! 炊いてみよう!」です。
春季企画展「古代の台所~縄文土器から圧力鍋まで~」に関連して、実際に土器でドングリを煮てみます。

→詳しくはこちら

こいのぼりversion2011 2011.4.24

走り去った4月。昨日から5月になりました。
そしてしあさって5月5日はこどもの日。

バージョンアップした「こいのぼり」と「金太郎さん」が考古博物館受付カウンターにやってきました。

20110502-1.JPG

■2010バージョン
こいのぼり 2010.4.30

大幅なバージョンアップに驚きです!
作って飾ってくださる協力員さんにいつもいつも感謝です。

20110502-2.JPG

固い木でできているのに、たなびいているというか泳いでるようにみえます。
こいのぼりは、チェーンでつながっています。ゆらゆら揺れる仕掛けですね。
こいは鱗まで表現されています!

20110502-3.JPG

矢車。
これ、回ります。

20110502-4.JPG

金太郎さん。
「金」の文字の腹掛、手には鉞。
たくましい金太郎さんです。

20110502-5.JPG

そして、菖蒲。

男の子の健やかな成長を願って…


About 2011年04月

2011年04月にブログ「山梨県立考古博物館協力会」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年03月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35