« 生け花 2011.1.29 | メイン | 梅の開花に誘われて 2011.2.9 »

小中学生の考古学研究「第8回わたしたちの研究室」展示会開催中

20110209-1.jpg

小中学生の考古学に関する研究成果を募集・表彰する、わたしたちの研究室。今年度第8回を迎えました。
第8回わたしたちの研究室でご応募いただいた小中学生の考古学や歴史学などの研究作品286点を展示中です。

*第8回わたしたちの研究室について
会期:平成23年2月8日(火)~3月6日(日)
会場:考古博物館 特別展示室

20110209-2.jpg

2月6日(日)には考古博物館エントランスホールにて研究室表彰式・発表会を開催しました。

 20110209-3.jpg

表彰式では受賞された方一人一人に賞状が授与されました。

応募状況・選考結果こちら

○最優秀賞(県教育委員会教育長賞)受賞者
・個人研究部門・小学生の部
 飯山舞優さん(都留市立東桂小学校4年)「じょう文土器はおなべとして使えたのか?」
・個人研究部門・中学生の部
 小関里歩さん(山梨英和中学校2年)「よみがえる土器」
・団体研究部門
 富士川町立増穂小学校4年「発見!ふるさと増穂のひみつ」


個人研究部門:受賞されたみなさん

20110209-4.jpg

団体研究部門:受賞されたみなさん

20110209-5.jpg

受賞された方々には研究した内容を発表していただきました。

20110209-6.jpg

個人研究部門 小学校の部
最優秀賞受賞 飯山舞優さん(都留市立東桂小学校4年)
「じょう文土器はおなべとして使えたのか?」
夏休みに風土記の丘研修センターで行われた「縄文土器づくり」に参加して、土器の作り方や模様付け方について学びました。また「縄文土器づくり」で自分で製作した土器を使って、縄文時代の人びとが行っていたように本当に土器で煮炊きすることができるのか?ということを実際にトウモロコシやジャガイモを煮て実験してみました。

20110209-7.jpg

個人研究部門 小学校の部 
優秀賞受賞 田中 凛さん(甲斐市立双葉西小学校4年)
「すばらしい古ふん~旧双葉町の古ふんについて~」
お船石古墳や中秣塚古墳、往生塚古墳、二ッ塚古墳など甲斐市内にある古墳に足を運んで調査したり、甲斐市の文化財担当者の方に取材をして、それぞれの古墳の年代や形、現在の状況などを詳しく調べ、調査や見学を通して思ったことや考えたことをまとめました。

20110209-8.jpg

20110209-9.jpg

個人研究部門 中学校の部
最優秀賞受賞 小関里歩さん(山梨英和中学校2年)「よみがえる土器」
土器の接合について体験したことをまとめたレポートです。発掘調査で発見された土器片を洗浄し、どこから出土したかわかるように土器にメモをする注記作業、接合の方法など土器の発見から土器が復元されるまでの課程を詳しく調べ、その課程で自分が思ったこと、感じたことを詳しくレポートしています。また、土器の土の成分に着目し、土器が作られた土地と土の特徴、土に含まれる砂との関係についても学芸員さんへの取材を行い、考察を導き出しています。実際に釈迦堂遺跡博物館や県立考古博物館に何回も見学に行き調査を行いました。

20110209-10.jpg

個人研究部門 中学校の部
優秀賞受 小倉楓子さん(都留市立都留第二中学校1年)
「私の住んでいる田野倉・小形山史跡調査」
法福寺やお経塚、稲荷神社、尾県郷土資料館など地域の寺院や建物、史跡について現地調査し発見したこと、また、関係者の方々への取材でわかったことをまとめたレポートです。図書館で調べることも重要ですが、実際に足を運んだり、話を聞いたりすることで、再発見したこともあったようです。地域に今も残る昔の人が残してくれた史跡の重要さや郷土の史跡を大切にしようとする気持ちが今回のレポートを通して改めて認識できました。

20110209-11.jpg

奨励賞・努力賞を受賞された方にも一言ずつ発表していただきました。

20110209-12.jpg

団体研究部門
最優秀賞受賞 富士川町立増穂小学校4学年
「発見!ふるさと増穂のひみつ」
増穂小学校では、これまで24年間に渡り「地域の歴史」を地域の方や保護者とともに学習し、発表会を行ってきました。今年度の研究は「発見!ふるさと増穂のひみつ」という学年の大きなテーマのもと「『利根川の昔と今』について調べ、発表し、伝えていこう!」という課題で学習に取り組みました。「天井川と人々のくらし」「水害」「新利根川の開発」「今の利根川」の4つのテーマを設定し、それぞれ4つのグループに分かれて資料調査や取材活動、フィールド学習を進めました。

20110209-13.jpg

代表者6名の児童さんによる発表でした。


短い時間でしたが、どの研究の発表も素晴らしいものでした。
受賞された皆様、おめでとうございました。


では、次は展示を紹介します。

20110209-14.jpg

20110209-15.jpg

最優秀賞 飯山舞優さんの研究作品です。

20110209-16.jpg

研究で作った縄文土器です。
実験(煮炊き)をしたので真っ黒になっています。

20110209-17.jpg

個人研究部門 小学校の部優秀賞・努力賞・奨励賞受賞作品です。

20110209-18.jpg

個人研究部門 中学校の部 最優秀賞 小関 里歩さんの作品です。
レポートを拡大して展示してあります。

20110209-19.jpg

個人研究部門 中学校の部 優秀賞・努力賞・奨励賞受賞作品です。


20110209-20.jpg

団体研究部門 最優秀賞 富士川町立増穂小学校4学年の作品です。
たくさんの模造紙に書いています。

20110209-21.jpg

「天井川だったころの利根川と3つのトンネル」の模型もつくりました。

20110209-22.jpg

優秀賞 都留市立都留第二中学校1学年
「身近な地域の歴史を調べよう」
博物館見学や遺跡調査などを通して、身近な地域の歴史を調べるレポートを夏休み課題レポートとして取り組みました。

20110209-23.jpg

レポートとあわせて青銅鏡や山車(都留市)の模型も製作した生徒さんもいました。

20110209-24.jpg

奨励賞(山梨県立考古博物館館長賞)
駿台甲府中学校1学年
「縄文土器作りに挑戦」
土曜日の「チャレンジ・サタディ」の時間に取り組みました。縄文人と同じ材料・製法による技術と知恵の体感を目的に、外部講師の協力の下で製作した作品が出展されました。このほか、同校では勾玉作りなど様々な体験・研究などもすすめられています。

20110209-25.jpg

駿台甲府中学校さんは毎年、この研究室に応募してくださいます。


この展示会は約1ヶ月、3月6日(日)まで開催しております。
同じ小学生・中学生のお友達の作品をぜひ見に来てください。

第8回わたしたちの研究室展示会

※来年度第9回わたしたちの研究室も開催します!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年02月09日 16:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「生け花 2011.1.29」です。

次の投稿は「梅の開花に誘われて 2011.2.9」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35