« 常設展復旧作業を協力員さんにお手伝いいだきました。 2010.12.2 | メイン | 平成22年度冬季企画展「甲府市内の出土品Ⅲ 古代の道、中道からの眺め」始まりました。 »

∞グッズ紹介∞シルバー(SV)古銭モデル 和同開珎

20101211-1.JPG

商品名:シルバー(SV)古銭モデル 和同開珎
値段:3,000円
説明:新商品です。教科書で習った昔のお金「和同開珎」をモデルにしたグッズです。このグッズは、約1300年前、奈良時代につくられた銭貨「和同開珎(わどうかいちん、わどうかいほう)」をモデルにしてつくられたものです。

20101211-2.JPG

和同開珎は、708年(和銅元年)に、つくられ、広く流通した銭貨です。
中国(唐)の貨幣「開元通宝」を模してつくられました。
直径24mm前後の円形で、中央には一辺が約7mmの正方形の穴が開いています。
円形方孔の形h中国の伝統的な銭貨の形だそうです。

20101211-3.JPG

表面には、時計回りに「和同開珎」と記されていて、裏面は模様はありません。

実物は同じような大きさでつくられています。
大きさ:直径約23mm
厚さ:12mm
穴径:6mm
重さ:4g

20101211-4.JPG

20101211-5.JPG

本物の「和同開珎」は銅銭ですが、これはシルバー(SV)。
素材:シルバー925の刻印もあります。

おすすめポイント:
商品のpopにもあるように「お財布にお守りとして」「お金がたまる!?」かもしれません。
おすすめ:★★★★

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年12月11日 22:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「常設展復旧作業を協力員さんにお手伝いいだきました。 2010.12.2」です。

次の投稿は「平成22年度冬季企画展「甲府市内の出土品Ⅲ 古代の道、中道からの眺め」始まりました。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35