« ∞グッズ紹介∞ストール | メイン | 第28回特別展「発掘された女性の系譜」特別講演会第2回「装身具からみた古墳時代の女性像」 2010.11.7 »

特別展・常設展学校見学の様子

秋の校外学習で学校さんが考古博物館へ来館してくださっています。
学校から自転車でサイクリングしながら来館してくださった学校さんもいます。
また県外からバスでいらっしゃる学校さんもいます。

今回のその見学一場面の写真を載せていきます。
*第28回特別展のご案内


20101111-1.JPG

児童のみなさん、教育主事の先生の特別展の解説をよく聞いてくれています。

20101111-2.JPG

顔の付いた土器の数々。
どこに顔が付いているのかな?

20101111-3.JPG

第2章、埴輪が展示してあるコーナーでもよく靜かに解説を聞いてくれています。
全国でも珍しい子どもを背負う女性埴輪やお乳を飲む赤ちゃんを抱く女性埴輪もここに展示してあります。

20101111-4.JPG

ぬりえになった「大刀を持つ女性埴輪」はこの埴輪の列の中にあります。
埴輪をスケッチする小学4年生もいました。

20101111-5.JPG

よく観察しながら、子どもを背負う女性埴輪をスケッチ。

20101111-6.JPG

こちらは常設展。
重要文化財の考古博物館のシンボル的な土器殿林遺跡出土縄文土器!
この土器のプロポーション素敵です。

20101111-7.JPG

今回の特別展のポスターやチラシにも掲載されている茨城県のお乳を飲む赤ちゃんを抱く女性埴輪も人気です。

20101111-8.JPG

竪穴住居の模型の展示も大人気。
いつもの特別展でこの展示が見られなくなっていました。
が、今回は住居の中をライトアップして公開しました。

20101111-9.JPG

人面装飾付土器をスケッチ。
かわいらしい顔におなじみの海道前C遺跡(北杜市)の花子さん(人面装飾付土器)もt特別展に展示されています。

20101111-10.JPG

エントランスホールの様子です。

20101111-11.JPG

滋賀県の木でできた木偶(もくぐう:弥生時代)も展示されています。

20101111-12.JPG

県外では初展示だそうです。
茨城県の常陸大宮市の泉坂下遺跡人面付土器(弥生時代)。

20101111-13.JPG

竪穴住居の展示にゾロリと並んで中を観察。
土器が火にかけられていたり、木の実や動物の毛皮があったり…。
家の隅に置いてあった土偶を見つけた子もいました。

20101111-14.JPG

秋田県の遮光器土偶も人気。
ぬりえの図柄にもなっています。

20101111-15.JPG

復元された縄文服も展示されています。
縄文人はなかなかイケメン?

20101111-16.JPG

ブログでは初紹介かもしれません。
研修センターでは古代の火起こし体験。

20101111-17.JPG

体験学習で人気の火起こし。初めての体験なのに次々と火を着けていましたよ。


特別展は28日(日)までです。
来てくださった児童さんが家族の方などととまたゆっくり来てもらえたらいいなと思っています。
ご来館ありがとうございました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年11月11日 21:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「∞グッズ紹介∞ストール」です。

次の投稿は「第28回特別展「発掘された女性の系譜」特別講演会第2回「装身具からみた古墳時代の女性像」 2010.11.7」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35