« 第46回史跡文化財セミナー「富士信仰と浅間神社」 2010.8.1 | メイン | 再び現る!ジュラシックパーク 2010.8.8 »

平成22年度 第1回こうこはくdeタッチ&トーク「縄文土器がいっぱい!考古博物館収蔵庫バックヤードツアーで縄文土器に触っちゃおう」 2010.8.7

今年度から少し形を変えたギャラリートーク「こうこはくdeタッチ&トーク」。
第1回目は、「縄文土器がいっぱい!考古博物館収蔵庫バックヤードツアーで縄文土器に触っちゃおう」(タイトルが長いです)ということで、平成22年8月7日(土)に考古博物館にて午前・午後の2回開催しました。

20100807-1.jpg

第1回こうこはくdeタッチ&トークについてはこちら

それでは、今回初の試みの「第1回こうこはくdeタッチ&トーク 縄文土器がいっぱい!考古博物館収蔵庫バックヤードツアーで縄文土器に触っちゃおう」の内容をお見せします。
参加されなかった方は後悔する…かもしれませんよ♪

20100807-2.jpg

スタートは普段は見ることができないたくさんの出土品が収蔵されている博物館収蔵庫を見学から!

学芸員が収蔵庫をご案内!
この収蔵庫をイベントで見せるのは初めて?

20100807-3.jpg

学芸員が収蔵しているものの説明をしながら、参加者のみなさんに土器や石器、土師器、陶磁器などなどに触っていただきました。

20100807-4.jpg

古墳時代の器台です。

20100807-5.jpg

学校の社会の夏休みの宿題があるそうで、一生懸命話のメモを取っている中学生もいました。

20100807-6.jpg

中世の焙烙(ほうろく)です。

20100807-7.jpg

縄文王国山梨!を誇る縄文土器を並べて、観察していただきました。

20100807-8.jpg

ここでも縄文土器を触ってみます。
貴重な体験。

収蔵庫の中は暑かったのですが、皆さんその暑さ以上に熱心で収蔵庫に保管されている土器などに夢中なようでした。

20100807-9.jpg

収蔵庫見学の後は常設展見学へ。
引き続き、学芸員の解説で展示を見学。

縄文時代の生活について。

20100807-10.jpg

土偶についての話。
見学中も話のメモを取る姿が見られました。

20100807-11.jpg

常設展見学の後は土器の拓本カード作り。
いつもは夏休みフリーパスポートイベントとしてお子さん限定で行っていますが、今日は大人の方もOK。

20100807-12.jpg

楽しそうに土器の拓本を取っています。

20100807-13.jpg

できあがり。親子でそのできばえに満足そう。

参加された13名の皆様、ご参加ありがとうございました。
1回、1時半という時間設定でしたが、みなさん興味がとてもある方々で1時半を軽くオーバー。2時間くらいの時間があっという間でした。
最後に参加された方から「ありがとうございました」の声が聞けて嬉しく思います。

今後もこの形を変えた「こうこはくdeタッチ&トーク」を計画していきたいと思っております。次回もお楽しみに…。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年08月07日 19:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第46回史跡文化財セミナー「富士信仰と浅間神社」 2010.8.1」です。

次の投稿は「再び現る!ジュラシックパーク 2010.8.8」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35