« ∞グッズ紹介∞『見学の手引き』 | メイン | 考古博物館協力員による展示解説-ボランティアガイドの目印-ボランティアガイドベストが出来上がりました! »

平成22年度考古学講座第3回「鏡よ鏡」2010.7.18

20100721-12.jpg

第3回考古学講座「鏡よ鏡~その輝きに魅せられたわたしたち~」を平成22年7月18日(日)(午後1時半~3時)に風土記の丘研修センター講堂にて36名の参加のもと開催しました。

*平成22年度考古学講座について

20100721-13.jpg

今回の講師は考古博物館 雨宮加代子さん。
考古博物館で開催している大人の方対象のものづくり教室「原始古代の技に学ぶ 青銅鏡作り体験」において行ってきた青銅鏡の復元研究成果(研究途中)についてなどお話いただきました。

20100721-14.jpg

実際に青銅鏡復元作業で使っている道具や復元した鏡を見せながらお話を進めます。

20100721-15.jpg

参加者の皆さん休まる時がないくらい集中して話を聞き、物を見ています。

20100721-16.jpg

材料や砂型(鋳型)やるつぼなどなど。

20100721-17.jpg

復元された青銅鏡や六鈴鏡もあります。

20100721-21.jpg

最近復元された六鈴鏡(ろくれいきょう)からは涼やかな音色が聞こえました。

20100721-18.jpg

休憩中、参加者の方に復元された青銅鏡や道具を近くに来て見てもらったり、触れていただきました。

20100721-19.jpg

本物の青銅鏡に近い薄さまで削り、磨かれた復元された青銅鏡を触っています。
輝きを見、重さを感じています。

20100721-20.JPG

実験に基づかれた講演、皆さんとても面白く聞かれたようです。
雨宮様ご講演ありがとうございました。


☆★☆最終回は☆★☆

 第4回 8月8日(日) 「女性の考古学よもやま話」
 講師:山梨県埋蔵文化財センター 野代 恵子氏

4回すべて受講された方には修了証をお渡します。
最終回もぜひご参加ください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年07月21日 16:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「∞グッズ紹介∞『見学の手引き』」です。

次の投稿は「考古博物館協力員による展示解説-ボランティアガイドの目印-ボランティアガイドベストが出来上がりました!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35