« こいのぼり 2010.4.30 | メイン | 生け花 2010.5.2 »

第44回史跡文化財セミナー「久遠寺と門前町『身延』」2010.4.29

平成22年4月29日(木・祝)に考古博物館の人気イベントの第44回史跡文化財セミナー「久遠寺と門前町『身延』」を身延町で開催しました。

☆今回の史跡文化財セミナーコース

 寺平駐車場・受付(寺平遺跡)
   ↓
 覚林坊(かくりんぼう)
   ↓
 山田屋裏のオハツキイチョウ
   ↓
 門前町を通る(歩く)
   ↓
 久遠寺三門
   ↓
 久遠寺菩提梯下
   ↓
 日蓮聖人御廟所・日蓮上人草庵跡
   ↓
 樋之沢坊の門
   ↓
 昼食(樋之沢坊)
   ↓
 斜行エレベーター
   ↓
  久遠寺

☆参加者
 32名
 朝の台風のような雨・風にも関わらず、お申し込みをされた
 すべての方にご参加いただきました。

☆天気
 雨のち曇りときどき雨のち晴天

☆講師
 身延町教育委員会 坂口広太さん
 久遠寺三門からは 身延山大学名誉教授望月海淑(かいしゅく)先生


セミナーの様子を写真でお伝えします。

20100501-1.jpg
寺平駐車場・受付(寺平遺跡)スタート

20100501-2.jpg
朝の空模様

20100501-3.jpg
道々でいろんなところに立ち寄りました。
願満稲荷大善神さま

20100501-4.jpg
講師の坂口さん。
作った説明資料を示しながらかわりやすく説明くださいました。

20100501-5.jpg
今から約550年前に行学院日朝上人により開かれた塔頭寺院の覚林坊

20100501-6.jpg
町指定史跡の覚林坊庭園

20100501-7.jpg
山田屋裏のオハツキイチョウ(町指定天然記念物)

20100501-8.jpg
雨がまた降る中の見学です。

20100501-9.jpg
門前町を三門に向かって歩きます。

20100501-10.jpg
三門からは講師は望月先生。
先生は法華経などを研究しているそうです。

20100501-11.jpg
久遠寺三門をくぐります。

20100501-12.jpg
身延山三門わき慈済橋のほとりにある宮沢賢治の文学碑
「塵点の刧をし過ぎていましこの妙のみ法にあいまつりしを」

20100501-13.jpg
見学

20100501-14.jpg
久遠寺菩提梯

20100501-15.jpg

20100501-16.jpg
説明のみ。階段は上りませんでした。

20100501-17.jpg
日蓮聖人御廟所

20100501-18.jpg
御草庵跡
20100501-19.jpg
雨で苔の緑が一層際だってきれいでした。

20100501-20.jpg
樋之沢坊
望月海淑先生はこの坊の住職でもあります。
門は町指定の文化財です。
茅葺きの屋根の苔がなんとも風情があります。
ここでお昼を取らせていただきました。

20100501-21.jpg
午後は久遠寺へ。
新しくできた斜行エレベーターで本堂脇までいきます。

20100501-22.jpg
本堂の中です。
天井にはとても大きな龍の絵がありました。

20100501-23.jpg
旧書院から庭園を眺めました。

20100501-24.jpg
中央の島は亀と鶴です。

この他にも写真はありませんが、久遠寺の各場所にて望月先生が説明してくださいながら見学をしました。

20100501-25.jpg
宝物館前で解散です。宝物館は自由見学で。

講師の先生の解説は参加者の皆さんにとても好評。
普段、身延山の説明はしていないということなので貴重な機会となりました。

お疲れ様でした。


次回の史跡文化財セミナーは6月13日(日)「能見城防塁と新府城」ということで韮崎市で開催します。
お申し込みは開催日一ヶ月前からです。
人気イベントですので、参加される方はお早めにお申し込みください。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年05月01日 13:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「こいのぼり 2010.4.30」です。

次の投稿は「生け花 2010.5.2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35