« 考古博物館の入口の扉が自動ドアになりました | メイン | ∞グッズ紹介∞青銅鏡 虺龍紋鏡 »

山梨県埋蔵文化財センター主催 「山梨の遺跡展2010」始まりました

20100313-3.jpg
本日3月13日(土)より山梨県埋蔵文化財センターが毎年開催している展示会「山梨の遺跡展2010」が始まりました。


20100313-4.jpg
平成21年度に山梨県内で県埋蔵文化財センターや市町村教育委員会などで発掘調査された遺跡の出土品約430点が展示されています。また、埋蔵文化財センターの資料普及活動も展示されています。

会期:平成22年3月13日(土)~4月12日(月)
時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
場所:県立考古博物館 特別展示室
観覧料:無料

詳しくは県埋蔵文化財センターホームページをご覧ください。
県埋蔵文化財センターホームページ

20100313-5.jpg
【遺跡展観覧の様子】

20100313-6.jpg
【美通遺跡の展示】
都留市の遺跡です。
都留パイパス建設事業に先立ち発掘調査され、縄文、奈良・平安時代、中近世の遺物などが発見されました。

20100313-7.jpg
【美通遺跡出土猿形土製品】
かわいらしい猿の土製品です。
県内での類例は少ないものです。
遺跡展のチラシなどにも載っています。
先日新聞でも取り上げられた遺物です。

皆様のご来場お待ちしております。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年03月13日 19:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「考古博物館の入口の扉が自動ドアになりました」です。

次の投稿は「∞グッズ紹介∞青銅鏡 虺龍紋鏡」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35