« 県政番組「学芸員が選ぶ! 県立ミュージアムのみどころ」が放送されました。 | メイン | 平成21年度ボランティアガイド研修会(後期) 2009.9.27 »

ku:nel最新号に考古博物館蔵の縄文土器が掲載されました。

20090928-1.jpg

マガジンハウスから出されている「ku:nel」という雑誌の9月18日発行40号に考古博物館の縄文土器が掲載されました。
先日このブログ(8月4日の記事)でも紹介したものです。

20090928-2.jpg
p102・103

こんな風に仕上がりました。
「スソアキコのフィールドワーク。八ヶ岳、五千年前のふつうの家の器です。」
この中では考古博物館をはじめとする尖石縄文考古館(長野県)、井戸尻考古館(長野県)の3館博物館を訪れた内容が書かれています。

スソアキコさんは、帽子作家+イラストレーターさんです。
須曽明子さんのホームページ
また、「ひとり古墳部」活動をしているそうです。
このクウネルの雑誌のこともお知らせに出てました。

20090928-3.jpg
p107

イラストレーターさんなので安道寺遺跡の土器についてこんなイラストも描かれていました。
素敵イラストレーターさんです★

20090928-4.jpg
p105

それから、見逃してはいけません。
考古博物館情報のところには
「学芸員やボランティアの方たちの話を聞いてみよう。」
と書かれていましたよ!

20090928-5.jpg
p90

それからこの雑誌のプレゼントコーナーにはこんなプレゼントが!
1番のプレゼントは協力会のミュージアムショップで販売されているものです。

20090928-6.jpg

20090928-7.jpg

殿林遺跡出土土器のてぬぐいと金生遺跡のちゅうた土偶です♪

皆様この雑誌ご覧になってください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年09月28日 18:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「県政番組「学芸員が選ぶ! 県立ミュージアムのみどころ」が放送されました。」です。

次の投稿は「平成21年度ボランティアガイド研修会(後期) 2009.9.27」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35