« 今日の博物館 2009.5.12 | メイン | 堂々と飾りました…課長作縄文土器 »

盤龍鏡(ばんりゅうきょう)の復元品を展示 2009.5.12

今、青銅鏡というと青緑のような、黒ずんだりした色の鏡を想像するでしょう。
しかし、昔、作った当時は青緑色なんてしていませんでした。
本来の青銅鏡の色をみてもらいたくて笛吹市御坂町成田の亀甲塚古墳(かめのこうづかこふん)から出土した盤龍鏡(ばんりゅうきょう)の復元品を製作し、本物の鏡の隣に展示しました。

20090512-5.jpg

展示の様子
この鏡は常設展示室、古墳時代コーナー、古墳から出土した鏡、鉄製品(鉄斧など)を展示しているケースにあります。

20090512-6.jpg

この輝き近くでご覧ください!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年05月12日 18:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日の博物館 2009.5.12」です。

次の投稿は「堂々と飾りました…課長作縄文土器」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35